設備は?水質は?都内唯一の海水浴場、葛西臨海公園で海水浴してきた

葛西臨海公園って知ってますか?

東京都の東のはじっこ、ディズニーランドが見えるところにあります。

大きな観覧車があったりバーベキューができたり、水族館があったりと見どころはたくさん。

でもそれだけじゃないんです。

実は葛西臨海公園、都内唯一の海水浴までできちゃうんです。

スポンサーリンク

だんだんキレイになってきた

葛西臨海公園の海はもともとものすごく汚かったのですが、地元の人たちが牡蠣を使った水質改善などの取り組みを続けて、2012年に海水浴場としてオープンしました。

2020年の東京オリンピックではカヌー競技が行われるところでもあります。

どこで泳げるの?

海水浴ができるのは、葛西臨海公園の奥にある葛西海浜公園の西なぎさ。

泳げる日時が決まってます

7月の海の日が海開きで、そのあと7月は土日、8月は28日まで毎日泳げます。

時間は午前10時から午後4時。

海の状況によっては遊泳禁止のときもあり、最新情報は公式Twitterで知ることができます。

@parkskasai

設備はどうなの?

もともと海水浴場ではなかったので設備は仮設のものがほとんど。

受付テントには有料ですが更衣室とシャワー、コインロッカーがあります。

売店は来る途中の公園にあるので、何か必要なときはそこで買ってから来るといいですね。

ビーチはこんな感じ。貝がらが多くてはだしで歩くとちょっと痛い。

気になる水質は?

わたしが行ったときは干潮のピーク。

1番遠いところまで行ってもヒザまでしか水位がありませんでした。

水底はそこまでほぼフラットで泥状。はだしでもまったく問題ありません。

水質は正直キレイとは言えません。視界はほぼゼロ。

水質検査では顔をつけても問題ないレベルだそうですが、やっぱりちょっと躊躇しますね。

もちろん大満足とはいきませんが、すぐに行ける海水浴場としてはじゅうぶんじゃないでしょうか。

まとめ

水質がどうのこうの、とか設備がどうの、とかは子どもたちには関係なし。ものすごく楽しそうに遊んでました。

海水浴は遠くてちょっと、という人には手軽に行けるのでいいですよー。

1度行ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする