量子力学で生命の謎を解く/ジム・アル=カリーリ、ジョンジョー・マクファディン 著/酵素と量子力学のおどろきの関係

量子力学と聞いてどんなイメージを持ちますか?

おっと!逃げないでください笑。

かくいうわたしも高校で勉強したことはありましたが、当時から頭の中にクエスチョンマークが100個くらい並んでいました。

わたしにとっての量子力学は、「どうせものすごく小さな世界の話で、現実世界とは関係ないんでしょ」というイメージ。

それがこの本を読んで一転!

酵素反応や呼吸など、わたしたちが当たり前に毎日使っている生命現象に、量子力学がとても大きな役割を果たしていることがわかってきたのです。

量子力学で生命の謎を解く 量子生物学への招待

ジム・アル-カリーリ,Jim Al-Khalili,ジョンジョー・マクファデン,Johnjoe McFadden SBクリエイティブ 2015-09-16
売り上げランキング : 5568

by ヨメレバ

スポンサーリンク

量子力学ってなに?

ものすごーく簡単に説明すると、

物質を分子→原子→陽子、電子、中性子とどんどん小さくしていくと、物質は量子と呼ばれる単位になります。

量子の世界では、「リンゴが地面に落ちる」というような、常識で考えられる物理法則がぜんぜん通用しなくなってきます。

たとえば

  • 物質は波であると同時に粒子である
  • 素粒子は同じ瞬間に複数の場所に存在している
  • 物質を観察したとたんに位置が1点に決まる

どれも聞いて???ですよね。

この世界で量子がどうはたらくのか説明するために生まれたのが量子力学。

アインシュタインの一般相対性理論もこのうちのひとつですね。

ただの小さい世界の話で、現実に生きていることには関係ないかと思っていたら、身近にあるいろんな生命現象で実際に使われていたというのが驚きです。

量子力学が実際に使われていた

量子力学が関わる生命現象(証明はされていないものもあり)として、この本では以下のものが紹介されています。

  • 渡り鳥の位置感覚
  • 酵素
  • 光合成
  • 嗅覚
  • 遺伝

さらに脳や生命の誕生という大きな未解決問題にも量子力学が決定的に関わっているのではないかと大胆な仮説を提唱。

ある生命現象が既存の考え方では説明できない。

ここに量子力学を導入すればスッキリ解決できる。

まずその説明が鮮やかで分かりやすい。

しかもその量子力学の解決策が常識をくつがえすような内容で、それが実際にいたるところで起こっていると想像すると、それだけでものすごくワクワクしてきます。

まとめ

量子力学と聞いて腰が引けてしまうかもしれませんが、難しい数式などはなく、たとえをたくさん使ってとても理解しやすい。

この本を読んで、たまには小さな世界に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

量子力学で生命の謎を解く 量子生物学への招待

ジム・アル-カリーリ,Jim Al-Khalili,ジョンジョー・マクファデン,Johnjoe McFadden SBクリエイティブ 2015-09-16
売り上げランキング : 5568

by ヨメレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 量子力学で生命の謎を解く/ジム・アル=カリーリ、ジョンジョー・マクファディン 著/酵素と量子力学のおどろきの関係http://nhnl.yosshi7777.com/archives/8976量子力学と聞いてどんなイメージ […]