チョコなのに全然甘くない 明治のチョコレート効果カカオ95%がクセになる

小腹がすいたとき、どんなものを食べていますか?

わたしの最近のお気に入りは、明治の「チョコレート効果カカオ95%」。

チョコレートなのに全然甘さがなくて、苦みがすごいんです。

スポンサーリンク

見ためはいたって普通

商品はこちら(リンク先は5箱入りです)。

明治 チョコレート効果カカオ95%BOX 60g×5箱
by カエレバ

箱や中身はあまり変わったところのない普通のチョコレート。

個包装がこちら。これが12個入っています。

チョコ本体。こちらもいたって普通。

しびれる苦み

ところが見ためにダマされてはいけません。

ひと口食べるとあまりの苦みに顔がゆがみます。

そして甘さはまったくありません。

同じシリーズでカカオ86%のものもあるんですが、それがほどよい甘さなのに対して、こちらはまったく妥協がない苦さのみ。

子どもは間違いなく食べないでしょうね。

ただ、しばらく食べ続けているとクセになってきます。

チョコなのに糖質が少ない

商品としてはポリフェノールがたくさん入っていることがウリのようですが、わたしがこのチョコを食べる理由は別のところにあります。

なんとひと箱全部(58g)食べても糖質は7.8g。

ひと切れ食べれば空腹は落ち着くので、糖質を取りすぎることがありません。

だいたい昼ごはん少し前と、夕方にひと切れずつ食べています。

まとめ

ダイエットを気にしている人にもオススメのおやつ。

さすがに買う人が少ないのか、コンビニではなくスーパーに行かないと売っていません。

苦さが際立っているのでダメな人はいると思いますが、1度試してみてはいかがでしょうか?

明治 チョコレート効果カカオ95%BOX 60g×5箱
by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする