立川 青海/日本酒にピッタリなつまみに思わずうなる

和食と言えばやっぱり日本酒。

ヨメのリクエストに応えて見つけた居酒屋がすばらしかったので紹介します。

日本酒がいろいろ飲めるのはもちろん、それに合うつまみがたっぷり。

大満足でした。

スポンサーリンク

いかにもな雰囲気

行ったのは立川にある居酒屋「青海(おうみ)」。

立川駅の南口から歩いて10分くらい。

少し距離はありますが、途中には思わず寄りたくなるような飲み屋さんがたくさん並んでいるので、2次会のお店を物色しながら歩いていればすぐに着きます。

外観がこちら。日本酒の銘柄が書かれた木の札と、食べものが書かれたちょうちんがいい雰囲気です。

中はこんな感じ。いかにも、という雰囲気がにじみ出ています。

上の方にはその日に飲める日本酒が貼り出されています。十四代や獺祭など、レアな日本酒もありました。

冷蔵庫には日本酒がズラリ。

カウンターに座りました。上にはその日のオススメ食べものメニューが。カウンターの上には焼酎もあります。佐藤や獺祭の焼酎もあって、こちらのラインナップもなかなか。

思わずうなる料理

まずはお通し。ナスの揚げびたしとのらぼうのおひたし。

ここでいきなりノックアウト。ダシが上品で、うまみがしっかり。最初はビールを飲んでいたんですが、それを後悔したくなるくらい日本酒に合う味つけです。

続いては生しらすとという野菜。しらすはプリっとしていて、これまた日本酒によく合います。

こちらは鳥刺しの酢みそ和え。鳥肉が熟成してるのかトローっとしていて、酢みそのさっぱりした味とマッチしています。

そしてこちらは鯛の桜塩締め。桜の葉に包まれています。

葉っぱを開くと、中には鯛がたっぷり。塩味が絶妙で、桜の風味で春らしさが満開。これホントにおいしかったです。

日本酒ももちろんうまい

食べものもおいしかったんですが、日本酒だってもちろんおいしい。

ぬる燗で飲んでいたんですが、あまり華やかじゃない方がいい、と希望を伝えたら、ピッタリのものを選んでくれました。

酒燗器に入れてくれて、好みの温度で飲むことができます。

ヨメは日本酒が苦手だったんですが、こちらの日本酒はおいしかったようで、途中からずーっと日本酒でした。

まとめ

金曜日の夜だったこともあり、店内は満席。

店員さんが少なくて注文するのに何度か待つ必要がありましたが、それを除けば最高のお店でした。

ヨメの実家に行く時にはぜひついでに寄りたいお店です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする