先着順エントリーに負けない!つくばマラソンに連続エントリーできた私が教える3つのコツ!

Great Limerick Run: Marathon Start
Great Limerick Run: Marathon Start Photo by Neville Gawley

先週の日曜日から、11/24に行われるつくばマラソンのエントリーが始まりました。
エントリーは先着順なのですが、開始2時間ほどで定員に達してしまいました。

私は無事に2年連続で枠内に入ることができました。
昨年のレースでは、30km地点からかなり歩いてしまったので、今年はリベンジするぞ!、とテンションも上がっています。

さて、このような先着順のエントリーの場合、どのような準備をしておけばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

エントリーのコツ

ここからは、私の経験をもとにうまくエントリーするコツをご紹介します。

1.アラームを仕掛けておく

Alarm Clock 3
Alarm Clock 3 Photo by Alan Cleaver

そもそもレース開催日の半年ほど前にエントリーするので、レースに出るという実感は全くありません。

なので、エントリー日時が分かっても、気を抜くとその日を過ぎてしまうことがあります。
ちなみに私も今年の青梅マラソンのエントリーをすっかり忘れて涙しました。

こんな悲劇を避けるためにも、エントリー日時が分かったら、その場でアラームをセットすることをオススメします。

心配な方は何日か前から複数回セットしておくといいですね。

2.複数のアプローチ方法を準備しておく


photo credit: maclauren70 on Flickr

つくばマラソンのオンラインエントリーの場合、ランネットとスポーツエントリーという二つのサイトから申し込むことができます。

私は昨年と今年の両方ともスポーツエントリー経由で申し込みができました。

ただし来年はどちらが申し込みやすいか分からないので、事前に両方のユーザー登録をしておき、両方からエントリーを試してみることがオススメです。

複数アプローチという点から、私はさらにPCとiPhoneのふたつから、合計4種類の方法で試しました。

どうしても出たいレースならこれくらいはしておきたいですね。

3.事前に申し込みページを開いておく


photo credit: Mario Lamo Jiménez on Flickr

いざエントリーが開始になると、なかなかサイトに繋がらなくなります。
そうなってからサイトのトップを開いてレース名を検索していたのでは、なかなか申し込みページにたどり着くことができません。

事前に申し込み直前のページまで進んでおき、ブックマークしておくとよいでしょう。

以上3つの方法をご紹介しました。

ここまでするのか、と思われた方もいるかもしれませんが、それだけ出場したい思いが強いということです。

今日のまとめ

本気で出たいなら、できるだけのことをしよう

以上、よっしー(@yosshi7777)でした!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする