「 書評 」一覧

スポンサーリンク
失われてゆく、我々の内なる細菌/マーティン•J•ブレイザー 著/腸内細菌は人間にとってなぜ大事なのか

失われてゆく、我々の内なる細菌/マーティン•J•ブレイザー 著/腸内細菌は人間にとってなぜ大事なのか

自分の腸内細菌についての考え方が改まった1冊「失われてゆく、我々の内なる細菌」を紹介します。

腸内細菌は食べものの分解に関わっているくらいは知っていたんですが、この本を読んでもっといろいろなことにも関わっていて、さらにそれが失われることの危険性がよく分かりました。

2016年4〜6月に毎日1冊、90冊以上読んだわたしがオススメする本ベスト7

2016年4〜6月に毎日1冊、90冊以上読んだわたしがオススメする本ベスト7

最近本を読みまくっているんですが、2016年の4〜6月は調子よく1日1冊ペースで合計91冊を読むことができました。

ここまできてようやく読書が好きだと声を大にして言えるようになりました。

もう7月も終わりそうになってしまっていますが、この期間に読んだ本の中でベスト7を選んでみました。

理系に学ぶ。/川村元気 著/理系がなんでスゴいかよくわかる

理系に学ぶ。/川村元気 著/理系がなんでスゴいかよくわかる

川村元気さんを知っていますか?

映画「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」「バクマン。」などの大ヒット映画を製作。

小説を書いてみれば、「世界から猫が消えたなら」が100万部を突破して映画化もされる。2作目の「億男」も大ヒット。

今回紹介する本は、そんな文系の頂点を極めたとも言える川村さんによる、理系の頂点を極めた人たちへのインタビューをまとめたもの。