しあわせである、ということ

しあわせであることって難しいことじゃない。


心理学でいう「フロー状態」とか、スポーツでいう「ゾーンに入る」とか、そんなことばがある。

特徴は、

  • 時間の流れを忘れている
  • いまここに集中している
  • わたしという感覚がない

で、この特徴が、スピリチュアルで言うところの「わたし(自我)がいない」状態とまったくおんなじ。

いかにいつもこの状態でいられるかが人生をしあわせにすごすポイントだったりする。

でもこれって難しいことじゃない。

ものごごろがつく前の子どもは全部の時間がこの状態。みんな最初はしあわせだった。

忘れてるだけなんだから、それを思い出すだけ。

思い出す練習には瞑想が一番。いまここを見つめる練習をすると、だんだんできるようになってくるよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする