アレルギー医療革命 NHK スペシャル取材班 著/アレルギーに悩んでいる人は必読!アレルギー食品を食べないのは間違い

いま妊娠している人、小さい子どもがいる人にはぜひ熟読してほしい本。

アレルギーを避けるためには、アレルゲンとなる食べものを除去する、というのが一般的でしたが、これは間違いかもしれないんです。

アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!

NHKスペシャル取材班 文藝春秋 2016-03-25
売り上げランキング : 1202

by ヨメレバ

注意

この記事を読んですぐに判断するのではなく、この本や関連する情報を集めて、自己責任で対応するようにしてください。

スポンサーリンク

NHK スペシャルの書籍化

この本は、2015年4月に放送されたNHKスペシャルの番組内容に、放送後にわかった最新の研究結果を加えてまとめたもの。

元がテレビ番組ということもあり、内容はとても分かりやすくて、すぐに読み切ることができます。

驚きの研究結果

最新の研究からわかったことは、

  1. Tレグ(制御性T)細胞をコントロールできればアレルギーは発症しない
  2. アレルギー食品を避けるのは間違い
  3. アレルギー食品の皮膚からの侵入が発症の原因

だということ。

これまでの常識とは大きく異なります。

ちなみにTレグを発見したのは日本人の坂口志門さん。ここ数年、毎年ノーベル賞の候補にあがっています。

アレルギーを抑える仕組み

Tレグとは、アレルギー反応を抑える細胞のこと。

体の中にアレルギー反応を起こす条件が整っていても、Tレグの数がたくさんあってちゃんと機能していれば、アレルギーが発症することはないのです。

アレルギー食品を食べないというこれまで常識だった対応では、Tレグを増やすことができず、アレルギー反応を抑えられなかったのです。

皮膚から侵入する前に食べる

ウチの子どももそうでしたが、赤ちゃんは皮膚のトラブルを持っていることがよくあります。

アレルギー食品を食べる前に皮膚からこの食品が侵入してしまうと、アレルギーを発症する可能性が高まってしまうのです。

これを避けるためには、できるだけ早い段階でアレルギー食品を食べればよいのです。

この本では、離乳食を早める研究が紹介されています。

アレルギー問題が解決するかも

この結果をもとに、さまざまな研究が進められています。

花粉症を直すために、少量の花粉を舌の下にたらす舌下免疫療法が用いられるようになってきました。

他にも、花粉タンパクを発現する米や、アレルギー反応を起こさない部分だけを使って体内に注射をするなど、治療に向けて少しずつ前進しています。

近い将来、アレルギーは問題ではなくなっているかもしれません。

まとめ

現時点では確実ではないことが多くて注意が必要ですが、それを差し引いてもいまできることがたくさんあります。

本当におすすめな本です。ぜひ読んでみてください。

アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!

NHKスペシャル取材班 文藝春秋 2016-03-25
売り上げランキング : 1202

by ヨメレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする