太ってない人も必読!自分の思い込みがボロボロ出てくる本 心屋仁之助さんの「ココロでやせるダイエット 一生太らない生き方」

あまりの予想外の展開に、開いた口がふさがりません。

ダイエットの本だと思って読んでみたら、それ以外の自分の思い込み、固定観念がゴロゴロ出てきました。

ダイエットに興味がない人でも、ぜひ読んでみることをオススメします。

スポンサーリンク

太っているのは「そもそもの考え方」の問題

今回紹介する本はこちら。

ココロでやせるダイエット

心屋 仁之助,和田 ゆみこ PHP研究所 2015-12-17
売り上げランキング : 1897

by ヨメレバ

心理カウンセラー心屋仁之助さんと、彼の本を読んでダイエットすることができた和田ゆみこさんの共著。

太っているのは食べすぎや運動不足ではなく、そもそもの考え方の問題。

太っている人は、満腹でいることが基本の「満腹基準」の生き方、やせている人は空腹が基本の「空腹基準」で生きているというのです。

ダイエットについての話は立花岳志さんのこちらの書評に分かりやすくまとまっているので、そちらを見てください。

ココロでやせるダイエット — 一生太らない生き方を手に入れる方法 | No Second Life

わたしが伝えたいのは、ダイエット以外のこと。

やせる必要がないわたしが気づいたこと

実はわたしは、ダイエットの必要がないくらいのやせ型。

ただ、何か心に引っかかることがあって、この本を読んでみました。

すると、意外な気づきがたくさん降ってきました。

たとえば健康についてのわたしの考え方。

わたしは健康になるために、軽い糖質制限をしたりバターコーヒーを飲んだり、タンパク質を摂ったり、あれこれ実践しています。

でもここには、

健康になりたいわたしの顕在意識

健康でいたくないわたしの潜在意識

が両方存在していたんです。

顕在意識よりも潜在意識の方が影響が断然大きいので、「健康でないわたし」になろうとしてしまいます。

子どものころ病弱だったわたしは、病気になると母親に優しくしてもらえたことを誤解して、その結果

健康だと愛してもらえない

と思い込んでしまったんですね。

もちろん今はそんなことはないと分かっていますので、これを解消していけばいいんです。

ここでは健康のことを説明しましたが、それ以外にもお金や仕事についての思い込みも発見することができました。

ダイエットは分かりやすい”たとえ話”

これまでの心屋さんの本でも、この本と同じことが説明されているものはたくさんあります。

ただこの本がそれらと違うのは、圧倒的に納得しやすいこと。

いちど心から納得できてしまうと、他の思い込みにも応用しやすいんですね。

まとめ

読む前と読んだ後の印象がこれだけ違う本は初めてかもしれません。

太っている人もやせている人も、ぜひ読んでもらいたい本です。

きっと自分で気づかなかった思い込みがズルズル出てきますよ。

ココロでやせるダイエット

心屋 仁之助,和田 ゆみこ PHP研究所 2015-12-17
売り上げランキング : 1897

by ヨメレバ

心屋さんの記事、もうひとついかがですか?

心屋さんの本はこちらもオススメ

「好きなこと」だけして生きていく。

心屋 仁之助 PHP研究所 2014-11-15
売り上げランキング : 2663

by ヨメレバ

一生お金に困らない生き方

心屋 仁之助 PHP研究所 2015-03-18
売り上げランキング : 2019

by ヨメレバ

がんばらない成長論

心屋仁之助 学研プラス 2016-03-01
売り上げランキング : 859

by ヨメレバ

ゲスな女が、愛される。-あっという間に思い通りの恋愛ができる!

心屋 仁之助 廣済堂出版 2015-08-13
売り上げランキング : 2591

by ヨメレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする