ずーっと弱火でキレイにできた ロジカルクッキングでオムレツを作ってみた

オムレツってすぐに固まってしまうから手早く作らなきゃいけないと思っていませんか?

実はそれ、思いこみなんです。

ロジカルクッキングにかかれば、オムレツだって弱火で落ち着いて作れちゃうんです。

スポンサーリンク

ロジカルクッキングってなに?

ロジカルクッキングとは、シェフの水島弘史さんが提唱している料理法のこと。

ロジカルという名前の通り、料理の行程それぞれに論理的な説明がされています。

このブログでは水島さんの本を紹介して、さらにその本に載っていたもやし炒めを作ってみました。

今回はその続き。同じくこの本に載っていたオムレツを作ってみました。

コツはやっぱり弱火

材料は

  • 卵2個
  • 塩1.1g
  • 牛乳20g
  • こしょう少し
  • バター少し

作り方は

  • 卵をときほぐし、塩こしょう、牛乳を混ぜる
  • バターを塗りつけた冷たいフライパンの中に卵液を入れて、弱火にかける

  • 全体が固まってきたらフライパンから下ろし、30秒混ぜる
  • 卵液をフライパンの片側に寄せ、オムレツ形を作る
  • フライパンを再び火にかけ、中火で固まるまで20秒ほど加熱する
  • お皿にひっくり返して完成

待ちきるのが難しい

と工程はカンタンなんですが、火の通り具合を見極めるのがなかなか難しい。

つい待ちきれずに火から下ろしちゃうんですよね。

1回めはゆるすぎて、2回めにリベンジした出来上がりがこちら。

ちょっとゆるめですが、きれいな色に焼けました。

まとめ

普通の作り方だと、初心者は火が通るまで急がなきゃいけないですが、これなら安心。

料理が苦手な人もぜひ作ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする