運動後に飲むのに最適な飲みものとは?


photo credit: W2 a-w-f-i-l on Flickr

暑い日が続いていますが、ちゃんとトレーニングできていますか?

私は負荷が高めで短時間のものを中心にこなしています。

今回は、暑い中のトレーニングに必要不可欠な飲みものについて考えてみました。

ものすごく簡単に手作りすることができたのです。

スポンサーリンク

ただの水ではダメ

よく言われることですが、ただの水ではミネラル、特にナトリウムが不足するため、摂取するのであれば、スポーツドリンクがいいとされています。

飲みたいものがない

市販のものを色々試してみたのですが、どれも甘ったるくて口の中に後味が残り、これまではしょうがなく飲んでいるような状態でした。

え、手作りできるの?

そんな時に、スポーツドリンクを簡単に手作りできると知りました。

レシピはこちら。

  • 水:1L
  • 砂糖:大さじ4
  • 塩:大さじ1
  • レモン汁:大さじ1

たったこれだけです。

ユニセフが途上国の支援の時にもこの比率で配合したものを使っているそうで、味はほとんとゲー○レード。

甘ったるくない

この分量通り作ると、甘ったるさは全くなし。
スッキリしていて、ゴクゴク飲めます。

体に染み込む感じが分かります。

今までは量が足りなかった

今までスポーツドリンクを飲む時は、自販機で500mlのペットボトルを買うことがほとんどでした。

ところが今回自作するようになって気づいたのは、場合によってはそれでは不足していたことです。

私の場合、10km走った後では750〜1Lは必要でした。
これまでランニング後に調子が悪い時があったのですが、これは軽い熱中症にだったということですね。

みなさんも補給不足に気をつけましょう。

今回のまとめ

手作りで気軽に水分、ミネラル補給!

いちいち作っても大して手間はかかりませんが、濃縮したものを作っておくこともできるようなので、こちらも試してみようと思います。

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする