A4からA2まで大きさ自由自在のホワイトボード!カッコいいバタフライボードに大満足

この間プレゼントでもらった「バタフライボード」というちょっと変わったホワイトボード。

カッコよくて使いやすくて大満足でした。

さっそく紹介します。

スポンサーリンク

これ気になる

最初にバタフライボードのことを知ったのがこちらの記事。

これはスゴイ!『バタフライボード』はフリースタイルなホワイトボード!持ち歩けて、大きさを自由に変えられる! – ライフハックブログKo”s Style

こちらです。

by カエレバ

公式ページはこちら。もともとクラウドファンディングで立ち上がった商品だったんですね。

ButterflyBoard

気になったので、アマゾンのほしいものリストに登録していました。

すると、その少し前にプレゼントをあげたぞえちゃんから、お返しとしてプレゼントしてもらえました!うれしいー!

めっちゃカッコいい

中を見ていきましよう。

A4サイズのホワイトボードが透明なケースに収納されています。うれしいことにペンも付いてます。

ホワイトボードを取り出してみました。上に2つクリップのようなものが付いている以外は普通のホワイトボード。これが4枚入っています。

厚くはありますが紙なので、乱暴な使い方をしていると曲がったりするかもしれません。

クリップのような部分を拡大しました。

これがこの商品のキモ。マグネットになっています。

マグネットということは、この部分をもう1枚のホワイトボードとくっつけて、

最大A2の大きさで使うことができるんです。ただしこの写真の真ん中にはマグネットがないので、A3を並べて使う感じです。

付属のペンがこちら。パイロットの極細マーカー。詰め替えもできるものです。

A3サイズにしてレゾナンスリーディングしてみました。

真ん中の段差はどうしても気になっちやいますが、大きく使えるのはいいですね。黒以外の色もほしくなります。

子どもたちが触りたがっていたので、1枚ずつ渡して絵を書いて遊んだりしました。

個人でA2サイズで使うことはほとんどないでしょうが、何人かで合同で使ったりすると楽しそうです。

まとめ

紙製のホワイトボードだけであれば、もっともっと安いものが出ています。

欧文印刷 紙製薄型ホワイトボード両面タイプ(白地10 枚入り)UBNGWA4W10

ただ、バタフライボードの特徴はそのカッコよさ。

文房具って、デザインがいいだけで使っていてワクワクするし、アイデアも出てくるものですよね。

プレゼントにはピッタリじゃないでしょうか。ぞえちゃん、素敵なプレゼントありがとー!

by カエレバ

この記事はSLPRO X for iPhoneを使って書きました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする