調子が出ない時はそれをそのまま受け止める

ここ数日、どうも調子がよくありません。

年に何回かはあることなんですが、以前はそれをどうにかしようとジタバタしてました。

ところが最近は、無理をしないようになりました。

スポンサーリンク

調子が出ない

だいたいいつも起こるのはこんなところ。

  • ブログを書く気が出ない。
  • 本を読む気がしない。
  • 人と話すのが面倒になる。
  • 何かをちゃんと考えたくない。
  • 理由なくイライラする。

こんな症状は年に数回やってきます。

ちゃんとした理由はわかりませんが、今回は急に寒くなったからかなぁ、と漠然と考えています。

そのまま受け止める

以前なら、こんな気分になって回復もできない自分がダメだと思ってしまって、さらに落ち込んでいました。

いまは、調子にいい悪いがあるのは当たり前だから、ジタバタせずに放っておけばそのうち回復する、と思えるようになりました。

調子が悪いときがあるからこそ、いいときのありがたさがわかるってもんです。

頭で考えた「あれをやるべき」「これをやらねば」というべきねばを無視して、体や心の声に耳をすませる。「疲れた」とか「休みたい」というメッセージをちゃんと受け止める。

最近イメージするのは、人生は波だということ。上がったり下がったりするけど、ちゃんと前には進んでる。だから大丈夫。

ネガティブなことが出てくるのも当たり前。それをちゃんと自分で受け止めてあげるだけ。

まとめ

ということでこれからしばらくSNSなどの活動は抑えめになるかもしれませんが、元気にやってますのでご心配なく(笑)。

この記事はSLPRO X for iPhoneを使って書きました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする