おいしくってためになる 老けない栄養学のセミナーに行ってきた

毎日のパフォーマンスを最大にするために、これまで糖質制限やバターコーヒーなど、自分の体でいろいろ試してきました。

その延長で知ったブログ「ビタミンJ」を書いているJunkoさんがセミナーを開催するということで、男ひとりの完全アウェイをものともせずに参加してきました。

ためになる上に、それを実践した料理の試食もあり、頭も舌もよろこぶ内容でした。

スポンサーリンク

待望のセミナー

参加してきたのはこちらのセミナー。

12月20日(日)アンチエイジングセミナー開催します | ビタミンJ

「ビタミンJ」は、過去の体調不良をきっかけに、マクロビやベジタリアン、ローフードなどさまざまな健康法を試して栄養療法に行き着いたJunkoさんが、栄養についての考え方や食事で気をつけているところを書いたブログ。

わたしは栄養療法について調べているときに見つけて、それ以来全記事を熟読しています。

わたし以外にもそんな人は多いようで、今回のセミナーも公式の告知前に満席になってしまったそう。

よく分かる内容

セミナーは講義と、その内容を実践した調理デモからなります。

講義は、

  • 血糖値について
  • エネルギー代謝について
  • 消化と吸収
  • 炎症

という4パート。

足りない栄養素をただ補えばいいのではなく、それが吸収できる準備ができている必要があるという観点での説明は、Junkoさんの実体験がもとになっているだけあってすごい説得力。

シンプルでおいしい料理

料理パートでびっくりしたのはシンプルさ。

ムダなものは入れない、というもので、ローストポークやサラダを教えてもらったんですが,調味料は塩やオイル、レモンくらい。

でもめちゃおいしいんです。

いろいろ複雑なことなんてしなくていいんですね。

焼き上がったローストポーク。肉汁があふれてます。

完成した料理がこちら。サラダもポークもおいしかったなぁ。

ふだん料理は完全にヨメまかせなのですが、あんなにシンプルでおいしいものができるなら自分でもやってみようと思いました。

実体験がベースだから伝わるものが違う

限られた時間の中でかなり盛りだくさんで、個別のテーマを深く知るところまではいかなかったのですが、それでも自分の中でバラバラだった知識が線になり、さらに面になってつながった感覚があり、腑に落ちるところがものすごくたくさんありました。

大学の先生やお医者さんが同じ内容を話すこともできるでしょうが、こんなに納得させることはできないでしょう。

これまでJunkoさんが自分の体の不調を自分で一歩一歩改善してきたからこそ伝わるものがあるんです。

まとめ

大満足のセミナーでした。

もっと深堀りした内容をまた聞きたい。というかこの内容だったら週1回で半年くらい学べるカリキュラムが作れるんじゃないでしょうか。

今後の展開がめっちゃ楽しみです。

栄養についてもっと知りたいなら、こちらの記事もいかがでしょう?

この記事はSLPRO X for iPhoneを使って書きました。

SLPRO X for WordPress & Movable Type

1,600円
(2015.06.26時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] おいしくってためになる老けない栄養学のセミナーに行ってきた […]