少しの手間だけでこのおいしさ ネルドリップのコーヒーがすごい

「ネルドリップ」というコーヒーの淹れ方を聞いたことがありますか?

一般的なペーパードリップの代わりに布でできたネルを使うやり方です。

ネルドリップのコーヒーはおいしいというウワサとともに、手入れがものすごく大変だというイメージも持っていました。

今回ネルがたまたま手に入ったので、早速コーヒーを淹れてみました。

スポンサーリンク

とにかく味が別モノ

あとでネルを使ったコーヒーの淹れ方は簡単に紹介しますが、何といってもびっくりするのがコーヒーのおいしさ。

いつもはフレンチプレスを使っているのですが、フレンチプレスがコーヒーの成分をオイルや雑味も含めてすべて抽出しているのに対して、ネルドリップはいいところだけ取ってきている印象。

特に酸味をしっかり感じることができます。

フレンチプレスのときは少し飲んで途中からバターコーヒーにしているんですが、ネルドリップでは同じ豆なのにあまりにおいしくて、もったいなくてつい飲みきってしまいます。

飲めばいつでも、しあわせのど真ん中に放り込んでもらえます。

ただ、フレンチプレスに比べて少し手間はかかるので、平日はフレンチプレス、休日はネルドリップを使い分けています。

手順はペーパーと同じ

ネルドリップとは言っても、コーヒーを入れるところはペーパーと同じ。

ネルに粉を入れて、

粉に少しお湯を注いで蒸らしてからお湯を少しずつ注いでいけば、

完成です。

コーヒーオイルがネルに吸着されてしまっているので、抽出液はとてもきれい。

保存は冷凍で

ネルドリップに大変なところがあるとすれば、それは保管方法です。

とにかくネルを乾かしたらいけないようで、家庭で使う場合の保存はなんと冷凍。

使い終わったら、粉を洗ってよく絞ったあとは冷凍庫へ。

使うときには流水で解凍して

金属の型に通して

完成です。縫い目は外側にくるようにします。

3回に1回くらい煮沸消毒した方がいいみたいです。

まとめ

同じ豆でも、淹れ方でコーヒーの味がこんなに変わるのはかなりのおどろきでした。

そこまで大変ではないので、お休みの日にゆっくりした朝をネルドリップのコーヒーで過ごしてみてはいかがでしょうか?

しあわせな気分になれますよ。

コーヒーの記事、もうひとついかがですか?

この記事はSLPRO X for iPhoneを使って書きました。

SLPRO X for WordPress & Movable Type
1,600円
(2015.06.26時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする