また気づいちゃった。洋服を選ぶのにセンスなんて関係ない

最近は3歩歩けば新しいことに気づくような毎日が続いています。

今回もそのひとつ。わたしが持っている洋服について。

スポンサーリンク

片づけは終わったけど

もともと片づけはそんなに苦手ではないんですが、前にこんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」を読んだときに、ときめかないものを一気に処分しました。

【人生がときめく片づけの魔法 by 近藤 麻理恵】えっ?家を片づけるだけで人生まで変わる?こんまり流の気になるやり方を紹介します!

さいわいそれからリバウンドもなく、わが家では自分のモノは少ない状態をキープできています。

ただ、ひとつ問題があったんです。

ときめく服がひとつもない

こんまりさん流の片づけでは、モノを残すか捨てるかの基準はときめくかどうか。

ときめかないモノであれば捨ててしまいます。

問題はわたしの洋服で起こりました。

どんどん捨てていくと、服の種類によってはときめくものがひとつもなかったんです。

パンツ(ズボンの方)もそうだったんですが、さすがに全部捨てちゃうと外を歩けないので、そのときマシなものを残しました。

その後いくつか買い足したんですが、ときめかないのは相変わらず。

なんでかと考えていたら気づきました。

ときめくものを買ってなかった

ときめくものを買ってなかったんです。

買うときからときめいていないんですから、ときめくモノがないのも当たり前ですよね。

で、なぜときめくモノを買ってこなかったのかというと、人から見て似合うかどうかを基準にしていたからなんです。

自分のセンスにはまったく自信がないので、目立たなくてベーシックで値段の安いものを選んできました。

自分がどうしたいかじゃなくて、他人から変に見えない、ということを頭で考えて買っていたんです。ときめきなんてありません。

人なんてどうでもいい

どうせ人なんて、わたしのことをロクに見ているわけがありません。

センスなんて関係なく、自分がときめくワクワクすることを信じて服を選べばいいんです。

本人が自信を持って気に入って着ていれば、それが似合うことにつながるはずです。

まとめ

ということに気づいて、いまは服を買いに行きたくてしょうがないです。

センスはないので、変な服にときめいちゃわないかちょっと心配(笑)ですが、直感を信じて選びたいです。

楽しみだー!

こちらの記事もいかがでしょう?

片づけの本、こちらもいかが?

人生がときめく片づけの魔法

近藤麻理恵 サンマーク出版 2010-12-27
売り上げランキング : 97

by ヨメレバ

新・片づけ術「断捨離」

やました ひでこ マガジンハウス 2009-12-17
売り上げランキング : 5174

by ヨメレバ

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –

佐々木 典士 ワニブックス 2015-06-12
売り上げランキング : 264

by ヨメレバ

この記事はSLPRO X for iPhoneを使って書きました。

SLPRO X for WordPress & Movable Type

1,600円
(2015.06.26時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする