新橋 三笠バル イルコーボ グラスワイン100円!お通し食べ放題!せんべろになれるワインバー

新橋三笠バルイルコーボタイトル

最近ひとり飲みが加速していて、楽しくてしょうがない。

今回行った新橋はひとり飲みにぴったりのお店もめちゃめちゃたくさんあります。

そんな中から選んだのが三笠バル イルコーボ。

ワインバーなのに1,000円でベロベロ、いわゆる「せんべろ」になれるところなんです。

スポンサーリンク

入口はどこ?

お店はこちら。

ミカサバル イルコーボ

三笠バル イルコーボ入口

困ったのが入口がわからないこと。地図を見ていったのですが、周りはとてもワインバーがあるようには見えません。お店があるあたりをしばらくウロウロ。

この写真の真ん中あたりに入口があるんですが、わかりますか?

近づくとやっと入口がわかりました。 三笠バル イルコーボ看板

2階に上がると、ようやくワインバーらしい雰囲気に。 三笠バル イルコーボ2階

中に入ってみると、外の感じとは一転。かなりおしゃれなお店でした。中もかなり広くて、わたしがいた3階だけでも30人くらいは入れそう。 三笠バル イルコーボ店内

グラスワインは驚きの100円

さっそくワインを飲むことにしたのですが、ここでビックリ。なんとグラスワインが100円なんです。

100円ハウスワイン

これはハウスワインの「シングル」。ダブルは200円でこの倍の量を入れてもらえます。 味も普通のお店のハウスワインよりもよっぽどおいしい。軽くて飲みやすかったです。

そして300円でプレミアムハウスワインが飲めます。 300円プレミアムハウスワイン

ネグロ・アマーロという品種を使ったロッカモラというイタリアのワインらしいのですが、香りが複雑でしっかり重くてワイン好きの人も納得ではないでしょうか。

ひとりでは飲めませんが、 ボトルはすべて1,980円でした。大人数で行っても楽しめそうです。

食べ放題のお通し、トリッパの煮込みがうますぎる

そしてこちらの名物がもうひとつ。お通しのトリッパと白いんげん豆の煮込みです。こんな風にココットに入れて出してもらえます。これだけでもけっこうな量。 食べ放題のトリッパの煮込み

トリッパはくさみもなくてやわらかく、見ためよりもあっさり食べられます。

そしてこのお通し、なんとおかわり自由。

お店の真ん中には大きな鍋に入った煮込みが。これを好きなだけ食べられます。 トリッパ鍋

お通しは500円なので、100円のハウスワインを5杯飲んでも1,000円。まさにせんべろです。

久松農園の野菜がうまい!

安さばかり強調してしまいましたが、ワインも料理もすごくおいしいんです。 通常メニュー以外にその日のおすすめメニューがありました。 三笠バルイルコーボメニュー1

こちらの野菜、シェフがほれこんだそうで、なんと久松農園のものを使っているそう。

久松農園は、カリスマ農家の久松達央さんが経営する有機農業の農園で、品質の高さで有名です。食べられるお店もそんなに多くはありません。

久松農園オフィシャルサイト | Hisamatsu Farm Official Site
それが食べられるとあっては頼まないわけにはいきません。 注文したのはカボチャのローズマリー風味。三笠バルイルコーボかぼちゃ このカボチャの甘いこと!ねっとりとしていて、ローズマリーの香りでワインが進みます。

ひとりで軽く飲むのがコンセプトなのでここまでですが、もっといろいろ食べたくなりました。

まとめ

ワインも料理もおいしいのに、びっくりするくらいリーズナブル。 新橋に行ったら必ず行きたいお店のひとつになりました。

おすすめです!

ワインがおいしいお店、まだまだあります

ワイン好きならこんな本はどう?

男と女のワイン術 (日経プレミアシリーズ)

伊藤 博之,柴田 さなえ 日本経済新聞出版社 2015-01-14

売り上げランキング : 15397

by ヨメレバ
知識ゼロからのワイン入門

弘兼 憲史 幻冬舎 2000-12

売り上げランキング : 1828

by ヨメレバ
銀座で素人が始めたファンが続々と生まれる看板のないワインバーの仕組み[Kindle版]内藤 忍 日経BP社 2015-08-11

売り上げランキング : 10590

by ヨメレバ
ワインテイスティング佐藤陽一 アム・プロモーション 2014-08-01

売り上げランキング : 4603

by ヨメレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする