角打ち 神田小西 女性ひとりでも入りやすいワインバー!グラスワインのおいしさにまいった!

暑いうちはやっぱりビールがおいしくて、ついついビアバーに行っていましたが、ホントはわたしが1番好きなのはワイン。

ようやく涼しくなってきたので、ワインを飲みに神田のワインバーに行ってきました。

ワインバーというと、うす暗いイメージがありますが、こちらは明るくて楽しいお店でした。

スポンサーリンク

明るい店内

お店はこちら。住所は神田ですが、都営新宿線の小川町駅か丸ノ内線の淡路町駅からすぐのところにあります。

関連ランキング:ビストロ | 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅

開店直前の写真ですが、お店の外観がこちら。これを見ただけでも期待しちゃいます。

中に入るとこんな感じ。ヨーロッパの街の飲み屋みたいな雰囲気です。奥にいるのがソムリエでもある店長さん。

ワインバーというとうす暗くて入りにくいところが多いんですが、こちらは明るくてちょっと驚きました。

お店のひとによると、女性ひとりでも入りやすくて、ワインのラベルもちゃんと読めるように明るくしているとのこと。

たしかにこの日も女性がひとりで来ていました。

グラスワインがうまい!

月曜日と火曜日はスパークリングデイらしく、お店のスパークリングワインとカクテルが全部450円。飲み放題にしても1,800円とかなり安いです。

ということでスプマンテで乾杯。ちゃんとボトルを見せてくれるのがうれしいです。

ひとりでボトルを何本も飲むことはできないので、1人飲みのときはグラスワインがどれだけそろっているかがとっても大事。

こちらのお店はさすが。黒板に赤白6種類ずつ飲めるグラスワインが書かれています。スパークリングと合わせると20種類くらい。これだけ選べるとうれしくなっちゃいますね。

しかもこれがうまいんだ。

まず飲んだのはこちら。フランスのビオディナミ(自然栽培)のメルロー。やさしい味でした。

続いてこちら。フランスのグルナッシュ主体のワイン。なんと別の収穫年のものを混ぜているそう。

それだからか、香りがものすごく複雑。どっしりしてて、あまりのおいしさに思わずニヤニヤ。

おいしいので、ひとりなのにまだ飲んじゃいます。お次はオーストラリアのピノノワール。ピノなのに酸味がやさしくて、ふんわりいい香り。

ちゃんとワインに合わせてグラスの種類も変えてくれます。さすがです。

料理もうまい

ワインはおいしかったですが、料理はどうでしょう?

メニューはこちらです。

お店の方おすすめのパテドカンパーニュ。分厚いです。

味もしっかり。ワインによく合います。

もうひとつおすすめの、うずらの炭火焼き。

1人前の小ぶりな量がうれしいですね。表面がカリッと焼かれていて、お肉はあっさり。軽めのワインがよく合います。下にひいてある野菜もおいしかったー。

ワインが止まらないので、料理も追加。こちらは白レバーのムース。濃厚でくさみはまったくなし。これも笑っちゃうおいしさでした。

まとめ

ひとりだったんですが、めちゃ楽しく飲めました。

ワインバーってハードルが高い印象があったんですが、ここは気軽に入れて楽しく飲める、まさにわたしの理想でした。

今年の夏はいろんなビールを飲んで新鮮な発見があって、じつはちょっとワインに飽きていたんです。

今回こちらのお店のおかげで、ワインの魅力を思い出しました。やっぱりワインっておいしいですね。

絶対また行こう。

こんなお店がもっと増えてくれるといいなぁ。

関連ランキング:ビストロ | 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅

ワイン好きなら、こんな記事もお好きでしょ

ワインを楽しむならこんなのどう?

男と女のワイン術 (日経プレミアシリーズ)

伊藤 博之,柴田 さなえ 日本経済新聞出版社 2015-01-14
売り上げランキング : 8468

by ヨメレバ

この記事はSLPRO X for iPhoneを使って書きました。

SLPRO X for WordPress & Movable Type
1,600円
(2015.06.26時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする