新•iPhone使って4行日記(その1)ー改めて4行日記って何だっけ?

Moleskineh by Amir Kuckovic

前回このエントリー
iPhoneで、書きやすい、続けやすい、振り返りやすい4行日記のすすめ

でiPhoneでTwitterを使った4行日記の書き方の紹介をしました。
その後しばらく続けてみたものの、どうもしっくりこなくて、方法をガラリと変えたのでそれを紹介します。
長くなってしまったので3回に分けました。
今回は、4行日記って何だっけ?ということを改めて見直してみた、という話です。

スポンサーリンク

オリジナル本を読んでみた

どうもしっくりこないので、仕切り直そうと思って4行日記のオリジナル本を読んでみました。

実は4行日記についてブログエントリーしておきながら読んでなかったんです…

すると、読んでないのに書いててすいませんでした、というくらい新たな発見がたくさんありました。

改めて4行日記とは何か?

4行日記を書くのにつまづいてしまったのは、4行日記がどんなものか理解し、何が得られるのか目的をちゃんと理解していなかったから、ということにつきます。
オリジナル本によると4行日記とは、

その日に起きたことをひとつだけ選んで、
それを「■事実」「◆発見」「●教訓」「★宣言」の
4行の文章で表現したもの
です。

「■事実」には
その日に起きた事実をひとつ選んで書きます。

「◆発見」は
事実に書いた自分の行動に対して、気付いたことや反省
を書きます。

「●教訓」
発見から得られた自分へのメッセージを書きます。

「★宣言」
発見したことを「私は○○です。」というように、「実現している」「できている」という
ポジティブな宣言で締めくくります。

このように書いて振り返ることにより、

  • 自分の考え方、行動の特徴(癖)がわかる
  • 自分の強みがわかる
  • 自分の目指しているものがわかる

という効果を得ることができます。

うまくいかなかったのは…

A really really bad day by TheeErin

私はこれまで、事実を複数書いてその中から宣言するものを選んでいましたが、自分の考え方や行動の特徴を知るためには一日の事実をひとつに絞ることが重要です。
一日の出来事の中で、自分の一番の関心はどこにあるのか選択し、それを蓄積して振り返ることで、自分の興味を客観的に判断することができます。

また宣言については言い切り型の文章にしていませんでした。これは、「私は」から始まる、肯定的で単純な表現をすることで、それを実現できていると自分の潜在意識に刷り込みを行うことが目的です。これも上記のやり方に従うことでより効果をあげることができます。
さらに一度書いた日記を見直し、推敲することが勧められています。私の方法はtwitterを使っているので、
事実、発見、教訓、宣言が一覧できない
という問題がありました。

そこであれこれ試しているうちに新しい方法にたどり着いた、という訳です。

今回はここまで。次回はiPhoneを使った4行日記について、具体的な書き方をご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを