トライアスロン初レースまであと6週。スイムトレーニングでやるべきことって何だろう?

人生初のトライアスロンレースである舘山わかしおトライアスロンまであと6週。

残り時間は限られていますが、1番準備が遅れているスイムについて、私がそれまでにできること、やるべきことをまとめてみました。

スポンサーリンク

今の立ち位置を改めて確認

まずは今の自分の状況を再確認です。はい、今のままでは恐らくスイムリタイヤでしょう。

この間参加した初のオーシャンスイムで500m泳げて光は見えましたが、まだ足りないですね。

実際に泳いでやっと分かった。塩からい以外にもプールと海は違うのね

課題は以下の4つ。

  • 息継ぎがちゃんとできない
  • フォームが安定しない
  • 体力が続かない
  • オーシャンスイムの経験が少ない

それぞれ対策を考えてみました。

息継ぎ対策、どうしよう

最大の課題、息継ぎです。

もうこれは独学ではどうにもならない気がするので、TIスイムの個人レッスンにおまかせします。

なかなかレッスン枠に空きがなかったのですが、どうにか本番までに3回確保。ここでどうにか決めてしまいたい。

ただ、本番では現在地確認のために立ち泳ぎか平泳ぎをする必要があるので、息継ぎなしでクロール→立ち泳ぎか平泳ぎで現在地確認をしつつ息継ぎ、でもどうにかなるかな、と思ってます。

フォームはプロにおまかせ

この間行ったTIスイムの体験レッスンだけでもフォーム改善にかなりの効果があったので、ここでも個人レッスンに期待です。

体験スイムレッスンでも即上達!クロールで水に浮くコツをつかんだ!

自分ではかなり力を抜いて泳げるようになった自覚はありますが、それをより改善していきたい。

今でも疲れてくるとフォームが乱れてくるので、そうなった時に気をつけることもリストアップできるといいなあ。

体力向上は回数を積み重ねるのみ

レースでは1.5kmを泳ぎます。普通だと所要時間は30分くらいらしいのですが、私の場合はもっとかかるでしょう。

その後バイクとランもやることを考えると、1時間くらいは連続して泳げるようになっておきたい。

これはもう何度もプールに行って練習するしかないですが、今の朝の時間では40分が限界。時間のやりくりを考えます。

オーシャンスイムは再びスクールに

この間のオーシャンスイムでは、プールと違ったことろが多くて収穫がたくさんありました。

感覚をつかむために、また練習しておきたいところ。

本番前日に現地で講習会があるそうなので、それと他にもう1つくらい参加しようかな。

まとめ

泣いても笑ってもあと6週間。もちろん必死でやりはしますが、楽しくやるのは忘れないようにしたいところ。

ドキドキワクワクです。

こちらの記事もいかがでしょう

Posted from SLPRO X for iPhone

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする