体験スイムレッスンでも即上達!クロールで水に浮くコツをつかんだ!

昨日はTIスイムの体験レッスンに行って、短い時間でしたが泳ぎ方のコツを教えてもらいました。

忘れないうちに早速復習!ということで、今日早朝スイムに行ってきました。

教えてもらった時間は少しだけなのに、十分上達を実感できました。

スポンサーリンク

やったことは頭と手の位置の修正

昨日の体験レッスンの様子はこちら。

自分の泳ぎが客観的に見えると理解が早い!TIスイムの体験レッスンに行ってきた!

レッスンは6人で40分というかなり短い時間。

練習したことは、頭の位置を水面に平行にすることと、下半身が浮くように手を水面下30cmに沈めること。

水槽の底の鏡とビデオを見ながら位置を決めていきます。自分の姿を客観的に見ると、頭は前を見ようとして上がってしまっていたし、手も自分で思っていたほど沈められていませんでした。

プールで実践すると、あらびっくり

昨日習ったことを意識して、まずは伏し浮きで頭と手の位置を決めます。

頭はきちんと下を向くことを意識して、手をしっかり沈めてバタ足すると、それだけでもちゃんと下半身が浮いてきます。

その状態にクロールの手のかきを加えると、進むスピードがまったく違う。泳いでいて気持ちいいんですよね。

これまでは気持ちよく泳げるようになるためにあれこれ試して時間がかかっていたんですが、最初に伏し浮きで調整すればすぐにこの状態になれることが分かりました。

残るは息継ぎだけ?

と、かなり状態してきたクロールのフォームですが、息継ぎが不安なのは残念ながらまだそのまま。

ここは自己練習を続けつつ、少し先の個人レッスンに期待です。

あー、個人レッスンが楽しみだなー!!

こちらの記事もいかがでしょう

誰でもラクに美しく泳げる カンタン・スイミング―効率的に泳ぐトータル・イマージョン(TI)スイム・メソッド

Terry Laughlin,竹内 慎司 ダイヤモンド社 2008-08-01
売り上げランキング : 10612

by ヨメレバ

うつくしいクロール

酒井 均 株式会社ローヤル企画 2015-02-25
売り上げランキング : 16043

by ヨメレバ

by カエレバ

Posted from SLPRO X for iPhone

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする