自分の泳ぎが客観的に見えると理解が早い!TIスイムの体験レッスンに行ってきた!

だんだんトライアスロン本番が近づいてきているのになかなか上達しないスイム。

その切り札として期待大のTIスイムの体験レッスンに行ってきました。

スポンサーリンク

ここにプールがあるの?

TIスイムがどんなものかについては以前の記事を見てください。

もう降参。TIスイムのプライベートレッスンに申し込みました

【TIプライベートフィットネス】プライベート・スイムスクール

場所は江戸川区の船堀、なんですが、何も知らないと外から見ても絶対分からないと思います。

ビルの1階にあるんですが、とても中で泳げるようになっているとは思えない。

中に入ってもやっぱりただのビルの一室。不思議に思いながら受付を済ませると、同じ体験レッスンと思われる人が私も入れて6人。

レッスンの目的や誓約書などのアンケートに答えて、着替えた後はいよいよプールへ。

水槽+水流で小さくてもちゃんと泳げる

受付の奥がプールになっていました。

写真だけだと大きさが分からないと思いますが、4m×3mくらいでしょうか。ちなみに窓の向こう側が受付です。

水槽の奥に付いているのが水流発生装置。

これで泳ぐスピードに合わせて水流を作って、ずっとその場で泳ぎ続けられるようにしてくれます。

感覚をつかむのに手間取る

最初に何度か泳ぐ練習をしたんですが、この感覚がなかなかつかめない。

トレッドミルを走る要領で、その場に留まるくらいの感じでゆっくり泳げばよかったんですが、つい前に蹴り出してぶつかりそうになってしまいます。

ただ一旦感覚をつかむと、いつものプールとあまり変わらない感覚で泳ぐことができました。

客観視できると理解が進む

このプールには合計4つのビデオカメラと、プールの底に鏡がついています。

鏡があると、泳ぎながらでも自分の姿を確認できます。特に顔がちゃんと下を向いているかが一目瞭然。

さらに、泳いだすぐ後でモニターにビデオ画像を映しながら自分の泳ぎを客観的に確認できるので、言われたことができているか、どの部分に課題があるかがすぐに分かります。

体験レッスンなので欲求不満

40分で6人のレッスンなので、できることはほんのわずか。顔を下に向けることと、手を水面が30cmに沈めることの2点を練習するだけで終わってしまいました。

息継ぎを学びたかった私としては当然欲求不満です。

通常はこの40分間でマンツーマンレッスンしてもらえるとのことで、その場で4回の回数券を購入。通常24,192円のところが体験レッスン参加者は21,773円と1割引。

これはすぐに行って教えてもらわないと!

まとめ

欲求不満ではありましたが、水槽での泳ぎが体感できて、意味がありそうだと分かったことは十分な収穫。

これで2,160円、DVDが1,080円なら安いものでしょう。さらにおみやげでレッスンDVDももらえました。

トライアスロン本番までにマンツーマンレッスンで鍛えてもらいます!

こちらの記事もいかがでしょう

Posted from SLPRO X for iPhone

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] し込みしました。 (後日、ブログ書きます?) 実際、体験したら、ちゃんと受けて見たいと思い、体験レッスンも申し込むことに。 (体験レッスンについては、よっしーのブログを!) […]