【あと67日】基礎練習の効果?クロールの息継ぎがいい感じ?

CU Swimming and Diving 12 Photo by Angela Radulescu

さて、ケツに火がついた男シリーズです。

勢いで申し込んだ館山わかしおトライアスロン(タテトラ)まであと67日。

あと67日なのに、まだクロールの息継ぎがちゃんとできないという非常事態からどうにかはい上がるために、今回も見た目はカッコ悪いですが必死で練習してきました。

スポンサーリンク

何度だって基礎練習から

前回の涙ぐましい記事がこちら。必死です。

引き続き息継ぎ特訓中。プールで立って練習してきた

今回もやっぱり基礎中の基礎、プールの中で立って練習からスタートです。

あ、もちろんそれまでに自宅のお風呂でも練習してますよー(泣)。

まずはその場で顔だけ動かして呼吸。息が吸えるのを確認。よし!吸える!

そして次はやっぱり立ったままで、手の動きをつけて息継ぎ。ここでも吸える!

ちゃんとプールでも落ち着いていれば息ができることを確認して、いよいよ実践へ。

次は体の力を抜く

泳ぎ出す前にくらげ浮きでしっかり脱力してから泳ぎ始めます。これは結構大事で、やるとやらないとではその後の力の抜け具合が変わってきます。

いきなり本番投入は100年早いので、まずは息継ぎなしでクロール。

今日は調子がいいのか、しっかり水に浮いてスイスイ進みます。25mは息継ぎなしで十分泳げました。

ちゃんと力が抜けてると、不思議と体もちゃんと浮くんですよね-。

そして実践で息は吸えたのか?

呼吸、クロールとパーツごとに練習して、ようやくこれを組み合わせて泳いでみます。

今回は4かきごとの呼吸から。

お?今回はこれまでよりは空気が入ってきています。4かきごとでも25mならどうにか泳げます。

やっぱり脱力するのと、息をパッとしっかり吐くのがポイントですね。

確実に一歩進んだ手応えがありました。

次は50mプールでチャレンジ!

25mプールならどうにかいけることは分かりましたが、この距離だと苦しくなる前に泳ぎ切ってしまいます。

いつも泳いでるプールだとその場でターンできずに隣のレーンに移ってから戻ってくるので、そこでどうしても休んでしまいます。

次は50mプールで練習してみます。

一歩ずつでも前に進んでいると、気持ちも前向きになれていい感じですね。

こちらの記事もいかがでしょう

浜町と月島なら朝7時から公営プールで泳げる!しかも1時間250円!こりゃトレーニングにもってこい!

スイミング | 「ココロ」動くブログ

引き続き息継ぎ特訓中。プールで立って練習してきた

ボウルを使って息継ぎの練習をしてみた

あれ?息ってどうやって吸うんだっけ?トライアスロン、スイムが黄信号です

Posted from SLPRO X for iPhone

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする