たったの1,300円!キーを1度押したらやみつきに!親指シフト用のキーボードを買ってみた!

親指シフト歴はそろそろ半年になるよっしー(@yosshi7777)です。

今年の年明けからは会社でも使い始めているのですが、入力環境がイマイチでした。

それを改善すべく、新しくキーボードを導入してみました。これが予想以上によかったのです。

さっそく紹介しましょう。

スポンサーリンク

会社のWindowsで親指シフト

私は家では、親指シフトをMacBookAirで入力しています。一方会社で使っているのはWindows。

Windowsで親指シフトといえばやまぶきRが有名ですが、会社に使用許可を申請したところ、セキュリティ上の理由で却下。

どうにかできないか相談したところ、シェアウェアのJapanistなら使ってもよいとのこと。

安くはない出費ですが、親指シフトを会社でも使えるメリットには変えられません。

どうも入力しにくい

ということでソフトを買ってさっそく導入してみたのですが、どうも入力しにくい。

会社ではDELLのノートPCを使っているのですが、ホームポジションと親指シフトキーの位置が微妙にズレていて、親指が窮屈な位置になってしまうのです。

余っていた外付けのキーボードも試してみたのですが、今度はキーの位置はよくても、キーを押した感じが重いのです。打っていてすぐに疲れを感じてしまいました。

師匠に聞いてみた

親指シフトの外付けキーボードと言えば、HHKBが有名ですが、こちらは値段が3万円近くします。

さすがにその金額は払えないので、もう少し安いものを探している時に見つけたのがこちらの記事。
ついに見つけた!2000円以内で、親指シフト+Orzレイアウトで快適!「ゲーミングキーボード BSKBC02BK」 | ものくろぼっくす

ここで紹介されているのがこちら。

バッファローのゲーミングキーボードです。

ゲーミングキーボードとは、その名の通りネットゲームをする時に使うもの。ゲームでは一瞬の反応の遅れが問題になるので、性能が高いものが多いそうです。

1,300円ちょっとなら安くていいなあと思っていたところ、先日参加したブログ合宿で、この記事を書かれた親指シフトの伝道師であるものくろ師匠(@monochr)に会えたので感触を聞いてみました。

すると、あの価格では信じられないくらいいい出来で、今でもまだ十分オススメできるものだそう。

ということで早速購入。

買ってみました

過剰包装ではないフラストレーションフリーパッケージということですが、普通にアマゾンの箱に入って届きました。

さらにアマゾンの箱を開けるとこの箱が。どこがフラストレーションフリーパッケージやねん、とツッコミながらもこの箱も開けます。

いよいよキーボードの登場です。小さめのスペースキーがいい感じです。

見た目は普通だったのですが、触ってみてビックリ!

キータッチが気持ちいい

指で押すと、カチッという感触とともに絶妙なタイミングで戻ってきます。

気持ちいいんですよね。必要がなくても何度も押してしまいます。

そして押した感じも、重くなくて快適。

ホームポジションと親指シフトキーの位置がすばらしい

もうひとつ大きな課題だったホームポジションと親指シフトキーの位置がこちら。

Japanistの設定で、左の親指シフトキーをスペースキーに割り当てているのですが、そうするとホームポジションと親指シフトキーがほぼ縦に並びます。

実際打ってみても、きゅうくつさはまったくなし。十分実用できる環境になりました。

ここまで試してきてWindowsでの環境はかなり改善しましたが、改めてMacBookAirでの親指シフトの打ちやすさに驚きます。ホントよくできてるわぁ。

さあこれで家も会社も強力な親指シフト環境が整いました。どんどん打っていきますよー。

  • 打鍵感が気持ちよすぎる!
  • キーの位置も完璧!
  • 親指シフト環境がいったん完成!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

明日も「ココロ」動く1日を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを