【麻布十番 ダリアン 大連餃子基地】「マツコの知らない世界」で紹介されたおしゃれなお店であみあみ餃子を食べてきた!

家で焼いて食べる餃子もいいですが、たまにはお店の皮がカリッとして肉汁があふれる餃子も食べたいですよね。

今回は、麻布十番にあるおしゃれな餃子屋さん「ダリアン 大連餃子基地」に行ってきました。

肉汁あふれるあみあみ餃子がたまりません。

スポンサーリンク

大雨なのに人がいっぱい

お店があるのは麻布十番駅から歩いて5分くらいのところ。

関連ランキング:餃子 | 麻布十番駅赤羽橋駅

他にも横浜中華街にも支店があって、そちらは今年1月6日に放送された『マツコの知らない世界』の餃子特集にも出ていたようです。

この日は大雨で、しかも日曜日の夜だったのにも関わらず、お店の中はほぼ満席。その後もお客さんが絶えませんでした。

期待が高まります。

美しいあみあみ餃子

この日はコース料理を注文。

箸が竹になっていておしゃれ。

まずは前菜。ピータンとバンバンジー、真ん中はカブの漬物。後ろは干し豆腐だそうです。バンバンジーは鶏肉がボリュームたっぷり。

そしてこのお店の名物、あみあみの羽根がついた焼き餃子です。どうやってこのきれいな羽根をつけるのか、行った人同士で議論になりました(笑)。

この羽根だけでもパリパリしていて十分つまみになるくらい。

もちろん餃子自身もおいしくて、肉汁たっぷりで幸せになります。

紅白のエビが美しい

こちらは水餃子。焼き餃子の皮はパリパリでしたが、水餃子は皮がもっちり。中身は噛みごたえがあるお肉でした。

豆苗の炒めもの。豆苗ってスーパーで買うと安いけどあんまり味の印象がないのですが、これはワイルドさを感じるほど。香りが違います。言われなければ豆苗だって分からなかったでしょうね。

見た目にも美しいエビ料理。

奥はエビチリ。エビは小ぶりでしたが、ピリッとした味が刺激的です。

そして手前はエビマヨ。これで3尾です。大きなエビはプリプリでした。

同じエビでこれだけ味の違いが楽しめるのはうれしいですよね。

こちらは黒胡麻酢豚。マイルドな味でした。

後は写真に撮り忘れてしまいましたがチャーハンと杏仁豆腐。杏仁豆腐はトローッとしていて甘すぎなくて好みの味でした。

細やか気配りがうれしい

全8品、大満足の味でした。これで3,500円。かなりお得。

今回は飲み放題1,780円もつけました。こちらは生ビールはもちろん、ワインや紹興酒も飲めます。私は紹興酒をいただきました。香りがキツすぎなくて飲みやすかったです。

合計5,280円で参加メンバー9人から5,300円ずつ徴収したのですが、何も言わなくてもお釣りを20円×9人分もってきてもらえました。こういう細やかな心配りができるお店は素敵ですよね。また行きたくなります。

ここに行ったことのある友人によると、びっくりするくらいパクチーが入った「パクチー餃子」もおいしいらしいので、次回はぜひチャレンジしたいです。

  • あみあみ餃子は必見!
  • 細やかな気配りがうれしい!
  • パクチー餃子を食べにリピート決定!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

明日も「ココロ」動く1日を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする