他人にイライラするのは自分の中に原因があった

Did your shadow ever speak to you? Photo by Nick Kenrick.

昨年10月から月1回のペースで開催されてきたビリーフ勉強会もいよいよ最終回。

前回までに自分の中にあるビリーフ探求は終了して、今回は自分のビリーフに自分で気づくための方法として「シャドウ」と「ゴールデンシャドウ」という考え方を学びました。

ビリーフとはどんなものか、またこれまでの勉強会の内容はこちらを見てください。
成功体験だけでは足りない!自分の人生に自信を持って生きるために必要なこと!

心からやりたいことは頭で考えても出てこない?自己否定を取り払って見えた本当の自分!

刺激受けまくり!第1回ビリーフ勉強会に参加してきたよ!

頭で分かってるだけではダメ!人間関係のストレスのほとんどを解消できる方法

ヒミツは潜在意識にあった!ネガティブな自分を作り出す正体とは!

まるで別人に!セラピストさんの個人セッションに行ってネガティブな自分とお別れしてきた!

自己否定を作りだすもの。自分の中の親の存在。

スポンサーリンク

自分の中身が映し出される

ビリーフが元となって、自分の見たくないものを無意識に押し込めてしまうことを「抑圧」と呼びます。


projector Photo by ▓▒░ TORLEY ░▒▓

抑圧されたものは形を変えて、自分が見る他人やものに「投影」されて映し出されます。自分がプロジェクターで、他人やものがスクリーンのようなものだと考えると分かりやすいですね。

例えば自分の中に「出しゃばってはいけない」というビリーフがあると、「私は控えめで、分をわきまえなければいけない」という自己認識につながります。この時、出しゃばる自分は「抑圧」されていることになります。

そのような状態で出しゃばっている他人を見ると、「何であの人はあんなに出しゃばっているんだ」と怒りの感情が生まれます。

この場合の出しゃばりは自分の投影なので、別の人から見ると大したことではないことにも過敏に反応してしまうことがあります。

他人に対する感情からビリーフを見つける

つまり、他人に対してイライラしたり感情的になってしまうことの裏には、私たちが無意識に押し込めたビリーフが隠れている可能性があるのです。

他人に対して感情的になるのは相手が悪いのではなく、自分の中に原因がある。

この考え方を推し進めると、他人に対して怒りをぶつける前に自分を客観視できるようになります。

そして自分で気づいていなくても、感情がざわつくところを掘り下げていけば、ビリーフを見つけて解放することができます。

これを繰り返していけば、次第に他人に対してイライラしたり感情的にならなくなっていきます。

逆もまた真


Golden Bali Photo by Michael Dawes

このような抑圧した自分の性質を「シャドウ」と呼びます。自分があるべきだと思っている姿に対する「影」です。

この考え方には逆のパターンも成り立ちます。

つまり、自分が抑圧している美質や輝き、才能のようなポジティブなものも、シャドウと同様に他人やものに投影されます。

この結果、他人の美質や輝き、憧れとして見えてきます。

ここで抑圧している自分のよい特徴のことを「シャドウ」と同様に「ゴールデン・シャドウ」と呼びます。

自分が憧れている性質が自分の中にある、という考えは希望が持てて勇気づけられます。

自分の中を掘り下げる

ここから、自分の中にある「シャドウ」「ゴールデン・シャドウ」を掘り下げるワークを行いました。

シャドウのワークでは自分がイライラしたり感情的になることを書き出し、そこから自分の幼少期や父母の記憶を元にビリーフを導き出していきました。

私の場合は「グチを言う人を見るとイライラする」というところから、自分の小さい頃の記憶がビリーフになっていたことに気づきました。

ゴールデン・シャドウのワークでは、自分が憧れている人を数人ピックアップして、その人たちに共通する特徴を抽出します。

面白かったのは、自分がピックアップした人たちには同じような特徴があったこと。圧倒的なインプットとアウトプット、習慣化の達人、といったところです。

さらに面白かったのは、私がピックアップしたのは恐らく全員エニアグラムのタイプ3の人たち。私がタイプ9なので、ステートが上がって向かう先のタイプ3の人が出てくるのは自然なことだと思えました。

そして、ゴールデン・シャドウの考えによると、この憧れている性質が自分の中にもあるということになります。

圧倒的とは言えませんがインプットとアウトプットをして、習慣化にも取り組んでいるところは確かに自分の中にもある気がします。

自分の憧れが自分の中にあると意識できることはとても勇気づけられました。

まとめ


Lake Worth Beach Sunrise with Small Wave Photo by Captain Kimo

以上でビリーフ勉強会レベル1の講義はおしまいです。

5回全参加したまとめの記事は改めて書こうと思いますが、勉強会に参加することにより、ビリーフについての理解が深まるとともに、自分の中のビリーフも解消できて、この5カ月の間だけでも、ずいぶん気楽に生きられるようになってきました。

理論的には正しいけど心から納得できない、というようなお題目ではなくて、ちゃんと効きめがあるという点でビリーフシステム理論は非常に強力で、今の世の中に必要とされているものだと思います。

もっともっと広がっていくといいなぁ。

そして4月からはひとつ上の、ビリーフ勉強会レベル2が開催されます!また参加したいと思ってます。大変なのでレポート書くかどうかは未定ですが…(笑)。

また、4月から再びレベル1の勉強会も開催されます。興味がある方はお見逃しなく!

Information of SonoraStudio

  • 他人に対する感情の元は自分の中にある!
  • ポジティブな憧れも自分の中にある!
  • 全5回、充実した学びだったー!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

明日も「ココロ」動く1日を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを