未来の本屋ってこんな感じ?ブックファースト新宿店に行ってきた!

本屋でボーっと過ごすのが趣味な私が、東京の本屋をいろいろめぐって好きな本屋ナンバーワンを決める「H1(本屋No.1)グランプリ。

今回は新宿西口のコクーンタワーにある、ブックファースト新宿店に行ってきました。近未来感たっぷりでしたよ。


H 1グランプリについてはこちらを見てください。
ナンバーワンはどこ?東京の本屋めぐり始めます!

スポンサーリンク

あみあみビルの地下

新宿西口にそびえ立つコクーンタワー。

東京都庁も設計した丹下健三事務所が設計して2008年に完成した、地上50階建て高さ200mを越えるビルで、東京モード学園やHAL東京、首都医校などが入っています。

このビルだけ近未来感たっぷりで、周りからあまりにも浮いています。遠くからでもすぐに分かります。

ブックファースト新宿店はこのビルの地下1階と2階にあります。

2007年に渋谷の店舗が閉店してから、2008年に都内の旗艦店として開店しました。

迷子になる構造

交渉してみたのですが残念ながら店内撮影はNG。

ということで外観だけ。

置いてあったパンフレットに載っていた店内の見取り図。A〜Gの7つのゾーンに分かれています。

ビルの構造に影響されているのでしょうが、店内はデコボコしていて、自分がどこにいるのか把握するのが大変。

自分では地理感覚はそれなりにあるつもりでしたが、途中何度か迷子になっちゃいました。

私が探していたワイン本のコーナーは死角になっていて通路から見えなかったり、決して本が探しやすいとは言えません。

豊富な蔵書数

とはいえ蔵書数は90万冊と都内屈指の品ぞろえ。見ごたえは十分です。

中でも圧巻は「TOKYO Magazine Center」と名づけられた雑誌コーナー。

海外雑誌も含めて相当な品ぞろえ。ここだけで丸一日いられそうです。

新宿西口ではここ一択

新宿西口にはここの他には大型店はありません。

東口には紀伊國屋書店がありますが、三越に入っていたジュンク堂も閉店しているので、大型店はこの2店舗くらい。貴重ですね。

度肝を抜く外観と圧巻の雑誌コーナー。ぜひ1度実物を見てみてください!

  • 近未来的な外観は必見!
  • 迷子になっちゃう構造も近未来的?
  • 雑誌コーナーは見逃せない!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

明日も「ココロ」動く1日を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする