えっ?本屋にコタツ?大学のサークル部屋を思い出す居心地のよさ!池袋の天狼院書店に行ってきた!

東京の数ある本屋の中で、どこが私の1番のお気に入りなのかを決める「H1(本屋No.1)グランプリ」。

これまでは大型店ばかりでしたが、今回は初の小型店。池袋にある天狼院書店に行ってきました。

小型ならではのとがったお店でした。

H1グランプリについてはこちらを見てください。
ナンバーワンはどこ?東京の本屋めぐり始めます!

スポンサーリンク

ホンモノの本屋だったの?

今回行った本屋は池袋にある天狼院書店。
天狼院書店

天狼院書店、名前は聞いたことがあったのですが、イベントやセミナーを開催しているという情報ばかりだったので、イベントスペースか何かだと思っていました。

この間やった好きな本屋アンケートで、大型店の選択肢しか出していなかったのに自由記入で2票も入っていて、ちゃんと本も売っている本屋さんなんだと初めて知りました。

たまたま天狼院書店主催の文章術のセミナーを受講することになり、せっかくなので天狼院書店にも行ってみることにしました。

場所もよくない、店も狭い。それでもお客さんはいっぱい

お店は池袋駅から15分くらい歩いた住宅街の中にあるビルの2階。

正直、本を売るには人通りも少なくて、とてもいい立地とは言えません。

そして店の中の様子がこちら。見て分かる通り狭いです。

駅から遠くて目立たない外観ですが、それでも中には人がたくさん。

メディアで取り上げられる機会も多く、リピーターもかなりいるようです。

ちなみに店内を写真撮影をしていいか聞いたら「どうぞどうぞ」と言ってもらえました。これまでの大型店では断られるか渋々かどっちかだったので、これは素直に嬉しい。

少数精鋭の品揃え

狭い店内なので、当然品揃えには限界があります。

こちらはお店に置いてあった店内見取り図。2月号とあるので毎月手書きで書いてるんでしょうね。

限られた品揃えですが、特定の分野ではものすごくディープなものが置いてあります。

特に私が驚いたのがビジネス書の棚。

この通り決して数は多くないですが、置いてあるのは納得できるものばかり。

例えばドラッカーは(多分)全部揃っています。

他にも、読んだことがある本、読みたかった本がピンポイントで揃えてあってうれしくなります。

私の聖地、オアゾ丸善の1階入口入ってすぐ右側の自己啓発本コーナーを思い出しました。
えぇ!あの本も置いてあるの!恐るべき品揃えの丸善丸の内本店がやっぱりすごい!

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、店の奥にはリベラルアーツ(一般教養)系の本がズラリ。

これは店主の三浦崇典さんの「こういう本を読まなきゃダメだ」というこだわりが強く反映されています。

当日偶然三浦さんがいらっしゃったので一緒に写真を。左上が三浦さん。最近は忙しくてお店にいないことも多いそうなのでラッキーな1枚です。

電源カフェ機能つき

ワンドリンク注文すると、イスに座って電源やWi-Fiを使うことができます。

電源カフェ代わりに使えるということですね。、

そして同じくワンドリンク注文で使えるのがこちら。

そう、コタツです。本屋にコタツです。なかなかシュールな光景ですが、ここでゆっくりとくつろぐことができます。

さらに平日12:30〜14:30なら、ワンドリンク+300円でカーテンを閉めて電気を消して、ブランケットをかけて昼寝ができる「天狼院堕落庵」なるサービスも。本屋で昼寝ってまさに夢のようですね。

イベント盛りだくさん

そして天狼院書店と言えばイベントです。

「部活」や「ラボ」という名前で、読書会や落語の会、文章の書き方や写真の撮り方など、かなりの頻度でイベントが開催されています。
イベント情報 – 天狼院書店

まとめ

もはや小型店はとがっていないと生き残っていけない時代。その中でも天狼院書店のとがり方は飛び抜けています。

イベントはもちろん、3/22に映画を公開したり、メルマガやブログ、雑誌の発行など、とにかくアクティブ。

NHKや日経新聞など、数多くのメディアにも取り上げられています。

とはいえお店の中はコタツがあるくらいゆったりしていて、この雰囲気はどこかで感じたことがあるなあと思ったら大学のサークル部屋でした。

ぜひ1度行ってコタツに座って(笑)、その勢いを満喫してみてください!

  • 数は少なくても読みたい本だらけ!
  • 本屋なのにコタツでのんびりできる!
  • お店は小さいけど話題性は無限大!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

明日も「ココロ」動く1日を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする