【八丁堀 魚バル ターレターレ】驚きの顔面サイズ!人生ベストの生ガキがうますぎた!

忘年会で「魚バル」なるお店に行ってきました。

名前に違わず魚介類を満喫。

顔面サイズの生ガキは人生ベストの味だったし、グラス400円からあるワインも種類が豊富で、久しぶりに幸せな気分にしてくれるお店でした。

さっそく紹介しましょう。

スポンサーリンク

場所は激戦区、八丁堀

今回紹介する魚バル「Turre Turre (ターレターレ)」があるのは、「maru」を始め、おいしいお店がひしめく八丁堀。

Turre Turre 築地 (ターレ ターレ) – 八丁堀/バル・バール [食べログ]

親会社が築地市場で八百屋を経営しているところだそうで、そのつてを使って新鮮な魚介類や野菜がリーズナブルに手に入るようです。

小さい店内は満席

外観はこちら。

カウンターとテーブルがふたつだけの小さなお店です。20人も入ればいっぱいでしょう。

19時過ぎに入ったのですが、既に満席。その後も引っ切りなしにお客さんが入っていました。

人気店だということがよく分かります。

頼むものがどれもおいしい

まずはビールで乾杯。

メニューを見ると、魚バルというだけあっておいしそうな魚介類が並んでいます。

ということで気になるものをいくつか注文。

ドライトマトの熱々カプレーゼ。バジルも元気があっておいしかった。

こちるはカルパッチョの盛り合わせ。さすが魚バル。どれも活きがよくておいしい。

こちらはジャンボなめこのアヒージョ。なめこなのに、確かにしめじくらいのジャンボサイズ。結構濃厚な味でした。オイルは当然パンに付けて完食。

この辺りでワインが気になります。

グラスワインは驚きの400円から

ワインメニューがこちら。

グラスワインの種類が多いのもいいですし、何より値段が安い!400円からあります。つい調子に乗って飲み過ぎちゃいました。

しかもこの量。大満足です。

下手すると普通の店の半額くらいなんじゃないでしょうか。

カキざんまい

終盤はカキざんまい。

まずはカキのオリーブオイルマリネ。濃厚な味でした。

そして生ガキ!メニューはこちら。

1番小さいものは190円からあって、高いのは何と1ピースで990円。3Lサイズが気になります。

小さいものがこちら。それでも190円なら十分です。

そして3Lサイズも注文してみました。ドドン!

となりにあるのはiPhone 6 Plusです。大きさが分かりますでしょうか?

分かりにくいかもしれないのでもう1枚。

反射してしまっていますが、手に持っているのはカキの殻のフタの部分。これとほぼ同じくらいに身が入っていました。まさに顔面サイズ!

これだけ大きいと味は大味なのかと思いきや、食べてみるとうまみの塊。大きくてとてもひと口では食べられないのですが、そのひと口ごとに味が微妙に変わるのです。しかもそのひと口がどれもおいしい。幸せな時間でした。

こんなに大きくても、このサイズになるまで数ヶ月しかかかっていないそうです。北海道の厚岸で取れたものらしいのですが、それだけ栄養分が豊富だということですね。

私も連れも、人生ベストカキという意見で一致しました。

狭い店内ですが、魚介類がおいしくて、しかもリーズナブル。近所にあれば間違いなくヘビーローテーションになるお店です。

ぜひ行ってみてください!あ、行くときは予約するのをオススメします。

今回の「ココロ」動いたポイント!

  • 名前に違わず魚介類がうまい!
  • 特にジャンボ生ガキが超オススメ!
  • リピート決定!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

明日も「ココロ」動く1日を!

Turre Turre 築地 (ターレ ターレ) – 八丁堀/バル・バール [食べログ]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする