眠れない時に試したい、グッスリ眠るための7つの方法

毎晩グッスリ眠れてますか?

私は普段、のび太並みに寝付くのが早いのですが、たまにストレスがかかったりすると眠れなくなることがあります。

この間Facebookで知り合いがちゃんと眠れなくて困っていたので、私が知っている方法をいくつか伝えたのですが、せっかくなので7つにまとめてこのブログでも紹介したいと思います。

スポンサーリンク

その1:横になって目を閉じる

Blinking Cat Photo by meowzerz135

たとえ眠っていなくても、横になって目を閉じていれば、それだけで睡眠の70%くらいは達成できています。
眠れない時に思い出したい。必要なのは情報のシャットダウン。

これを知っていると「寝なければいけない」と気にしすぎることから逃れられます。

気持ちが落ち着くだけでもずいぶんラクになります。

その2:じっくり半身浴

Milk bath Photo by bayat

続いては半身浴。ストレスで眠れなくなっている場合に特に有効です。

ストレスで眠れなくなっている時は、交感神経が優位になってしまっています。

ゆっくりお風呂につかることで、副交感神経を優位にしてその後眠りやすくしてくれます。

私はぬるめのお湯につかりながら、30分くらい本を読むことが多いです。

その3:瞑想をする

Meditation time Photo by _Hadock_

瞑想をすると、睡眠の役割のひとつ、ワーキングメモリーの整理が進むことが知られています。
たった15分で集中できる!感覚が鋭くなる!今こそ「瞑想」のススメ!

寝る前に瞑想をすれば、熟睡できて睡眠時間も短くて済みます。

その4:朝日を浴びる

Sunrise @ Nieuwpoort ¬ 0056 Photo by Lieven SOETE

眠る時には、体内でメラトニンの濃度が高まることが知られています。

そしてこのメラトニンの濃度は、朝日を浴びた時から15時間後に最大になるのです。

つまり、眠りたい時間から逆算して、その時間に朝日を浴びればよいのです。23時であれば朝8時ですね。

この光は曇り空でも十分です。しっかり浴びるようにしましょう。

その5:夜の光を避ける


Light Ring 100% HomeMade Photo by ChileFoto.com

これもメラトニンの話。

寝る前にテレビやスマホから出るブルーライトを見てしまうと、メラトニン濃度が上がりにくくなってしまいます。

寝る2時間くらい前からはデジタル機器を避け、部屋を暗めにして過ごしましょう。

その6:短い時間昼寝する

“Winter’s Nap” Photo by Puzzler4879

夜に眠れない時は、昼寝をうまく使うのも効果的。

ただし気をつけたいのが寝る時間。20分を超えてしまうと、夜に寝付けなくなってしまいます。

目覚ましをしっかりかけてから昼寝しましょう。

その7:晩ご飯は寝る2時間前までに

New Year Dinner Party Photo by borevagen

満腹の状態ですぐに寝ようとすると、胃腸が消化のために働いているので、睡眠に集中できなくなり、眠りが浅くなります。

できれば寝る2時間前までに晩ご飯を食べてしまいましょう。

以上、私が試して効果があった7つを紹介しました。

気になったものがあればぜひ試してみてください!

今回の「ココロ」動いたポイント!

  • 眠れなくても落ち着くのが大事!
  • 夜はゆったり過ごす
  • しっかり眠って快適生活を!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

明日も「ココロ」動く1日を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする