【こうして、思考は現実になる by パム・グラウト】願いが実現することを実験で確かめる方法

dreams and wishes. 62/365 Photo by nicole.pierce.photography ♥

「願いを叶える方法」が書いてある本、読みたくないですか?

この本は、「引き寄せの法則」を自分で使いこなせるようになるための練習本です。

内容はシンプル。引き寄せの法則の説明と、それを試すための9つの実験と解説が書かれているだけです。

実験は最長でも48時間以内。ただこれを実践すると、驚くほどうまくいってしまうのです。

スポンサーリンク

可能性のフィールド(FP)とは?

引き寄せの法則についてはこのブログでもこれまで何度か取り上げてきています。
うまく活用すれば欲しいものが手に入る!引き寄せの法則っていったい何だ?

望んで信じれば何でも実現する!引き寄せの法則って知ってる?

そして今回紹介する本がこちら。

もう20万部以上売れてベストセラーになっているようです。

この本では、引き寄せの法則を実現させる大もとの存在を
可能性のフィールド(FP)
と呼んでいます。

FPとは、

いつも目にしている物質的な世界を支配しているもの

で、

自分の思考と同じような波動を引き寄せる

と表現されています。

叶えたい願い事に思考を集中させると、FPによりその思考を引き寄せて願いが実現する、というまさに引き寄せの法則の内容です。

大きな考え方は先ほどあげた2冊の本と同じですが、この本を読んで新たに得たものは、

  • 人間に入力される情報のうち、処理されるのはほんの一部だけ。顕在意識はそのわずかな情報をもとに先入観を持って解釈してしまう。
  • 顕在意識の役割は問題発見と目標設定まで。その先の達成には潜在意識を働かせる。

ということ。

他の2冊よりも論理的な説明がされているように感じました。

そしてここからがこの本の真骨頂。

引き寄せの法則を実験で確かめるやり方が書かれています。

宣言して、あとは待つだけ

9つある実験はどれもやり方は同じ。

「黄色いチョウチョを探す」「FPの存在を証明するような証拠を見せて」のように、それぞれのお題をFPに向かって問いかけ、あとはその実現を期待して観察するだけです。

私が実際にやってみた中で、1番驚いた例を紹介します。

欲しいものが手に入る実験

これは本当にできるようになるのなら、ぜひ使いこなしたい法則。自分の欲しいものを48時間以内に手に入れるという実験です。

やり方は、欲しいものと、それが手に入る期限を決めて、FPに念じるだけ。

私の場合は、少し前に割れてしまったワイングラスが欲しいと希望したのですが、その結果にびっくりしました。

実験開始からしばらくして、ふとFacebookを見ていたらこんなイベントの投稿が。
11月7日(金)10代目当主ゲオルグ・リーデルによる レッドワイン&チョコレート マッチングセミナー 開催 | リーデル公式サイト

リーデル主催のワインとチョコレートを楽しむセミナーで、開催後に使ったグラスを持ち帰れるのです。有料イベントなのですが、単純にグラスを買うだけでもイベント参加費以上になるというおトクなもの。

確かに最初に「タダでもらえるようにして!」とは願っていないので、これで十分に思考が現実になったと言えます。何よりこの投稿を見た瞬間に「あ!これのことなんだ!」とピンときました。

実際にイベントに行ったら大満足の結果になりました。
これホントに同じワインなの!ちょっとした違いでワインの味がこんなに変わるなんて!

他の実験も試して驚く結果ばかり。中にはうまくいかなかったものもありましたが、たとえそんなものがあっても、私にとってはこの本に書いてあることは真実だと感じられました。

信じられないという方も、リスクはゼロなので、ぜひ試してみてください!

今回の「ココロ」動いたポイント!

  • 確かに思考が現実になった!
  • 気軽な気持ちで実験してみて!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

明日も「ココロ」動く1日を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを