1回のランニングで何kmまでなら後のダメージなく走れるか?

本格的なマラソンシーズンまでもう少し。私が申し込みしているつくばマラソンも、あと残り1カ月半になりました。

長い距離を走るトレーニングを強化している時期ですが、1度に長い距離を走りすぎてしまうと、後にダメージが残って走れなくなり、せっかくのトレーニング成果が帳消しになってしまうことがあります。

では1度に走るのはどのくらいの距離までなら平気なのでしょうか?

そのヒントを与えてくれるブログ記事を見つけたので紹介します。

スポンサーリンク

根拠はないけど信じてみよう

それがこちらです。
ロング走、何kmまで有効? | 岩本能史 run

書いているのは岩本能史さん。

などの著書がある、現役ウルトラマラソンランナー兼ランニングコーチです。

このブログ記事で、一回のランニングで走ってダメージの残らない距離は、

直近1カ月の走行距離の6分の1
まで


だと言われています。

ただしこれは、岩本さんが市民ランナーやコーチをしている中で見てきたデータから言えることだそうなので明確な根拠がある訳ではありません。

ですが、これまで薄底シューズやレース中の補給の仕方、豆乳を飲むことなど、岩本さんの言うことを実践して効果があることばかりだったので、今回も信じて実践することにしました。

つくばマラソンまでの目標

岩本さん理論によると、フルマラソンを後にダメージを残さず走りきるために必要な月間距離は
42.195km×6=約250km

毎日同じ距離を走ろうとすると8kmちょっと。さすがに脚への負担が心配です。

ということで、フルマラソンではダメージが残ってもしょうがないと考えて、狙う距離は180km。

これだと1回で走れる距離は30km。フルマラソン前に30km走を勧めているところも多いので、これだけ走れると安心感があります。

そして月間180kmは、毎日5km・週末10km程度走れれば達成できる距離です。これならどうにかいけるんじゃないかと。

今回のつくばマラソンでの目標はタイムではなく、歩かずに完走すること。ゆっくりでもいいのでぜひ達成したいです。

あと45日、全力でいきたいと思います!

今回の心動いたポイント!

  • 月間走行距離の6分の1まで!
  • フルマラソンのために目指すは180km!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする