大きさは?指は届くの?iPhone 6 Plusを買って気になること6つを確かめてみた!

発売日にiPhone 6 Plusを買ってご機嫌なよっしーです。

今回は、大きさや手が届くかなど、iPhone 6 Plusを数日試してみて感じたこと、思ったことをまとめてみました。

スポンサーリンク

その1:大きいのはメリットもデメリットも

何と言っても6 Plusで気になるのは5.5インチの大きさでしょう。ウチの5歳の息子の顔の大きさくらいあります(笑)。

実際に手に取って最初に感じたのは、1画面に収まる情報量の多さ。

iPhone 5sと6Plusを比べてみました。

当然ですがかなり違います。1度Plusを見てから5sに戻ると、小さくて見ていられません。

ただし、事前に言われていた通り、その大きさにはデメリットも。

画面の端まで手が届きにくいのです。ホームボタンをダブルタップすれば、画面の上端は降りてくるのですが、片手で持った反対側(左手で持っていれば右端)は手の大きな私でもギリギリ。

その2:文字入力はひらがななら大丈夫

画面は大きいのですが、ひらがなのフリック入力は私の場合はどうにかなりました。

むしろキーが大きく打ち間違いが減ったので、体感的にはラクになりました。

ただ、英数キーボードの端の方(PやOのキー)は片手ではかなり厳しいです。

この点はATOKなど、サードパーティ製の使いやすいものが出てくることに期待ですね。

その3:丸くなって持ちやすくなった

次は持ちやすさです。

6シリーズは3GS以来久しぶりに丸みを持った本体デザインになりました。

もともと3GSの丸みが大好きだった私は大歓迎。このおかげで、片手で持っても違和感はありません。

ただ、ここでも問題になるのはその大きさ。丸いのでツルッと滑って落としそうになることもあります。

これまではケースなしの裸族派だった私ですが、考えた方がいいかもしれません。

その4:画面はメチャきれい。ただし未対応だと厳しい

今回からRetinaディスプレイはRetina HDディスプレイとなり、さらに見やすくなりました。
Apple – iPhone 6 – ディスプレイ

確かにAppleのホームページなどを見ると、その大きさとキレイさに圧倒されます。

ただ、こちらにもデメリットが。

対応しているページはいいのですが、そうではないサイトやアプリでは拡大されてしまい、画面が粗くなってしまいます。

そのうち対応したところが増えるとは思いますが、しばらくはガマンです。

その5:カメラのオートフォーカス機能は大改善

カメラも進化しています。

画素数は5sと同じですが、よりキレイに映るようになりました。

そして使ってみて驚いたのがオートフォーカス。Plusのみに光学手ブレ補正がついているのですが、一瞬でピントが合うのです。

これまで動き回る子どもを撮るのは厳しかったのですが、6 Plusであれば全く問題がなくなりました。これはスゴイっす。

その6:電池の持ちはどうなった?

6とPlusで一番違うところはバッテリーの持ちでしょう。

6との比較はできませんが、Plusであればまる1日は充電なしでいけそうです。5sの時は3〜4時間で電池がなくなっていたので、かなりの伸びです。

自転車に乗りながら、画面をスリープせずに使うつもりなのですが、これなら十分持ちそうです。

以上、iPhone 6 Plusを3日使って気付いたことをまとめてみました。

さらに追加が出てきたら、またアップしますね。

今回の心動いたポイント!

  • デカさは総合するとアリ!
  • キーボードどうにかして〜!

以上、よっしーでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを