初めてのロードバイク!のために買った小物を全て紹介

DHP-cycling-H Photo by Digi Daves photos

みなさん、こんにちは。
トライアスリートになるために精進中のよっしー(@yosshi7777)です。

先日初めてのロードバイクを購入したのですが、今回はそれに合わせて買った小物類を全部紹介します。

細々したものが色々必要なんです。

スポンサーリンク

完成車でも必要なものがある

ロードバイク本体を買ったレポートはこちら。
トライアスロンのための初めてのロードバイク!時期外れだったけど購入できた!

完成車を買ったのですが、実はそのままでは乗れません。小物をいくつか追加購入しないといけないのです。

ここでは私がどんなものを買ったのか紹介します。

1. バイクパーツ

特に初心者の場合、バイクに取り付けるものはお店で取り付けまでしてもらう方がいいです。
乗ってて突然外れるとかイヤですからね(笑)。

1-1. ペダル

そう、完成車と言ってもペダルは付いていないのです。

ペダルには大きく分けて、普通のフラットペダルとシューズを固定できるビンディング付きのものがあります。

ビンディング付きのものはペダル以外に専用のシューズも必要です。

私は、ビンディングがうまく外せなくて転んでしまうのが怖いので、まずはフラットペダルを購入。

1-2. ライト

これも必須ですね。前後にそれぞれ付けます。

1-3. サドルバッグ

ここからは必須ではなくなります。
サドルの下に付けるバッグで、主にバイクの応急処置をするための工具やパーツを入れておきます。

1-4. ボトルケージ、ボトル

必須ではありませんが、この暑い時期には欲しいところ。

私は入れるボトルの大きさを変えられるケージを購入。専用ボトルでなくてもペットボトルを取り付けられるそうです。

1-5. カギ

外出先でバイクと片時も離れないなら必要はないですが、なかなかそうもいかないので、カギも欲しいところ。

前輪と後輪の両方に通せる180cmのものを買いました。

2. ウエア

ネットで買っても問題ないですが、サイズが合わない危険性には注意が必要です。

2-1. ヘルメット

これは必須。ロードバイクはスピードが出るので必ずかぶりましょう。

好みのデザインで決めてしまっていいですが、サイズがあるので店頭で試してから買いたいですね。

2-2. グローブ

これも必要です。

ロードバイクは長時間乗るので、クッションがついたものを。この時期は指先が切れたものがオススメです。

2-3. パッド付きパンツ

これは必須ではありませんが、お尻の肉が薄い私には必要でした。

3. メンテナンス用品

まずは走行中の緊急対応に必要なものから揃えましょう。バイクに取り付けるものではないので、ネットで安いものを購入してもいいかもしれません。

3-1. ポンプ

ロードバイクのタイヤに空気を入れるバルブは通常のものと形が違うので、ポンプは専用のものが必要です。

家で使うフロアポンプと携帯用の2種類あると安心です。

フロアポンプは空気圧が確認できるものがいいですね。

3-2. レンチ

最低限、携帯用のものは必要です。

3-3. チューブ

こちらも必須。急なパンクに対応するために買っておきましょう。サイズが複数あるので注意しましょう。

4. その他

以下は必須ではないですが、あると便利なもの。

4-1. スタンド

ロードバイクの保管は室内が基本です。

とりあえずは立て掛けておいてもいいですが、メンテナンスのためにもスタンドがあると便利です。

省スペースのために、バイクを縦でも横でも置いておけるスタンドもあるそうです。

4-2. サイクルコンピューター

速度や距離はもちろん、足の回転数や心拍数が測れるものもあります。

私はとりあえずiPhoneでしのぐ予定なのでiPhoneスタンドだけを買う予定。

以上見ただけでも色々必要ですよね。私の場合でトータル5万円近くになりました。

ロードバイク購入の際は、このようなものにもお金がかかりますのでご注意を。

今回の心動いたポイント!

  • バイク本体以外にも予算確保を忘れずに!
  • 安いネットと安心できるお店を使い分けよう!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする