クロール息継ぎのコツはレーザービーム?また少し成長しました!

Photo Assignment: “Light” – Ride The Light Photo by colorblindPICASO

みなさん、こんにちは。
スイムが少しずつ上達していくのが楽しくてたまらないよっしー(@yosshi7777)です。

今回はまだまだ苦戦しているクロールの息継ぎのコツを少しだけつかんだので、それを紹介します。

スポンサーリンク

完全アウェイ環境で追い込まれた

仕事の出先で少し時間があったので、ネットで調べて近くにあったプールに行きました。

行ったプールはこちら。
アクアフィールド芝公園

その日は雨が降っていて、気温は20℃ちょっとと7月としては寒い日。温水プールなら寒さを感じなくていいかな、と思っていました。

水着に着替えてプールサイドに出ると、何だか明るい。

あれ?雨がポツポツ体に当たる…?

そう、ここは
屋外プール!!
だったのです。

ネットで調べた時によく読んでなかったんですね(汗)

平日の夕方、雨が降って寒い日だからか泳いでいるのは私ひとり。監視員は4人くらいいます。

その中で、息継ぎが上手にできない私が泳ぐのはものすごいプレッシャーでした。

プールの水は案外温かかったので、体は動いて泳ぎに集中することができました。

こんな風に書いていますが、プール自体はちゃんと50mあって、キレイで泳ぎやすいものでした。
晴れた日は気持ちいいでしょうね(笑)。

レーザービームをイメージする

さて、気を取り直して息継ぎの練習です。

本とDVDを読んで、今回の練習でイメージしたのはレーザービーム。

頭の上からレーザービームがまっすぐに伸びていて、それを泳ぐ方向に向けたままズラさないように体を回転させて息継ぎをするイメージです。

そのようにイメージすると、息継ぎの時に頭を起こしてしまっていることが自分でも分かります。

レーザーをまっすぐにするように修正すると、体の沈む具合が少しゆるやかになりました。

もうひとつ大事だと思ったのが、力を抜くこと。力が入っていると、どうしても沈んできてしまいます。

こうして練習していると、50mが泳げて、さらにそこからターンして100m泳ぐことができました。

息継ぎが少しはできないと100mは泳げないので、私としてはかなりの進歩です。

とはいえまだまだ低レベルなのは間違いないので、さらに練習を繰り返して上達していきたいです。

またコツをつかんだらシェアしますね。

今回の心動いたポイント!

  • プールの情報はちゃんと読もう!
  • 息継ぎの時、頭はまっすぐ!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする