【クロールはゆったり泳ぐと速くなる! by 高橋 雄介】水泳はまだまだ進化している!理屈を知って賢く泳ごう!

swimming Photo by Jim Bahn

みなさん、こんにちは。
トライアスリートを目指しているよっしー(@yosshi7777)です。

自分にとって最大の問題、スイムを克服するために、まずは知識を頭に入れることから始めることにしました。

今回は水泳の本から得たクロールのコツをお伝えします。

スポンサーリンク

読んだのはこの本

読んだ本はこちら。

中央大学の水泳部監督の髙橋雄介さんの著書です。

クロールは進化している

クロールなんてはるか昔からあるものなので、新しいテクニックが見つかることなんてなくて、身体能力のみを競うスポーツだと思っていました。

この本を読んで驚いたのは、マット・ビオンディが金メダルを取った1988年のソウルオリンピックと、イアン・ソープが金メダルを取った2000年のシドニーオリンピックで、泳ぎ方は全くと言っていいほど変わっていることです。

クロールなんてずっと前からあるものなのに、そんな近い時代に大きな変化が起こっていたのですね。

2軸で進む

この点が最近クロールで大きく変わったところです。

以前は体の中心を通る1本の軸を中心に、体をひねって泳ぐ方法が主流でしたが、ソープの時代から、両肩をまっすぐ上に伸ばしたところから膝頭を通る2つの軸を使う泳ぎ方に変わってきています。

ふたつの軸で交互に重心を移動しながら泳ぐやり方です。

体をできるだけ高い位置に保つ

体が沈んでしまうと、水の抵抗が大きくなってエネルギーをロスしてしまいます。

それを避けるために、お腹に力を入れて体をまっすぐに保ち、バタ足や手も使って体を水面近くの高い位置に保つようにします。

そうするとロスも少なく水面上を滑るように泳ぐことができます。

ひとかきでどれだけ進むか

ラクに泳ぐために重要なのは、ひとかきで進む距離をできるだけ増やすことです。

ランニングで言うと、ストライドを伸ばすことにあたります。

この本ではストレッチングタイムと呼ばれていますが、ストロークとキックで得た推進力にブレーキをかけないように手を休めて、その間にスーッと進むための「間」を作ります。

この「間」の時間に前に進むことで、体を休めることができます。

肺は浮き袋。息を吐きすぎない

肺に空気が入っていれば、浮き袋の役割をしてくれるので体が浮きます。

息継ぎのためにあまりに早く息を吐いてしまうと、体が沈んでしまいます。

息継ぎの少し前までは止めておき、水中では吐き過ぎないようにして、息継ぎの時に半分くらいを交換するイメージだそう。

以上、この本から得たコツをご紹介しました。

当然頭で知っているだけでは全く意味がないので、これを身につけるべくプールで練習に励みたいと思います。

今回の心動いたポイント!

  • 体は水面近くでまっすぐ!
  • 「間」をうまく使う!
  • 息はギリギリまで止めておく!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする