【トライアスロンはじめました。 by 野中秋世】自分でもトライアスロンができるかも、と思える4つの理由!

こんにちは。
トライアスリートに憧れているよっしー(@yosshi7777)です。

先日、このブログで大胆にもトライアスロンに挑戦すると宣言しました。
よっしートライアスロンはじめるってよ

当然自分にもできると思ったから始めることにしたのですが、なぜ私がトライアスロンをやれそうだと思ったのか、その理由を紹介します。

スポンサーリンク

元ネタは体験記

今回紹介するポイントはいずれもこちらの本に書いてあったこと。

社会人になってロクに運動していなかった著者が一念発起してトレーニングを始め、バイクを買い、トライアスロンのレースで完走するまでの体験記です。

写真やマンガが満載、失敗やズッコケエピソードも豊富で、最後まで楽しく読み切ることができます。

私のトライアスロンに対するイメージをガラッと変えて、始めるためのハードルを大きく下げてくれました。

それでは、この本から学んだポイントを紹介しましょう。

理由その1:フルマラソンよりラク

前回の記事にも書きましたが、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのオリンピックディスタンスという種目であれば、レース時間は3時間ほど。

体への負担はフルマラソンよりも軽いとのこと。

私は既にフルマラソンを完走しているので、体力的にはトライアスロンをやれるということになります。

しかも全身をバランスよく使うからか、ゴール後の達成感はフルマラソン以上とのこと。

トライアスロンを始めるのに十分な理由です。

理由その2:一番心配なスイムが短い

トライアスロンの体力的なハードルと言えばスイムです。

私もスイムは苦手で、平泳ぎならともかく、クロールで長時間泳ぐなんて!と心配していたのですが、レース3時間のうち、スイムの時間は30分ほど。

しかもウェットスーツを着て泳げるので、それくらいの時間であればどうにか体力も持ちそうです。

もちろん練習もしっかりやるつもりです!

理由その3:レースを家族旅行と一緒にできる

トライアスロンのレースは、マラソンよりもさらに遠くで行われて、前泊が必要なものもたくさんあります。

たまのマラソンで日曜日に日帰りで出かけるのにも気を使う私が、前泊も含めて土日まるまる家にいないのは気が引けます。

それを吹き飛ばしてくれる方法がこの本にありました。

それは、
レースと家族旅行を一緒にしてしまう
というもの。

確かに、トライアスロンのレースは沖縄や北海道など、観光にもピッタリなところが多いのです。

家族も旅行ができるのであれば、喜んでついて来てくれるでしょう。

これは目からウロコでした。

理由その4:フルマラソンも速くなる

クロストレーニングという言葉をご存知でしょうか?

ランニングに必要な筋肉をスイムやバイクで鍛えることができるため、結果的にランニングも速くなるのです。

こちらの本でもランニングとバイクのクロストレーニングを勧めています。

フルマラソンの記録がなかなか伸びない私には魅力的な提案です。

トライアスロン始めるなら必読!の一冊

以上、私が気になったポイントをかいつまんで紹介しましたが、この本には他にもウェットスーツやバイクの選び方、参加するレースの選び方、トライアスロンで得られるものなど、初心者が心配になったりつまづいたりするポイントをしっかりフォローしてくれます。

まったく運動したことがない人でも楽しく読める内容なので、少しでもトライアスロンが気になった方には必読の本です。

今回の心動いたポイント!

  • フルマラソンよりラク!
  • 家庭とも両立できる!
  • ちょっとでも気になったら読んでみて!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする