かすみがうらマラソンを完走したての自分から、半年後の自分への4つの戒め

みなさん、こんにちは。
先ほどかすみがうらマラソンで42.195kmを完走してきたよっしー(@yosshi7777)です。

レース結果はこちら。

目標はサブ3.75(3時間45分)でしたが、結果は4時間25分と、初めて走った館山の若潮マラソンとほぼ同じタイム。
原因はいろいろあるとは言え、悔しい結果です。

この悔しさを忘れないために、次回の準備をしているであろう半年くらい後の自分へ、今回の反省を戒めとして残しておきます。

スポンサーリンク

その1:もっと走りなさい

何度もやっているように、今回も終盤で足が止まってしまいました。

原因のひとつは明らかな走り込み不足。

直前1カ月で100km弱、長距離も3週間前にハーフが1回だけ。

これでは全く足りません。

今まではうまくいかなかったけど、今回はうまくいく気がするのは幻想です。

あの苦しい思いをしたくなければ、レース前に最低30kmを1回、できれば2回走ること。

その2:薄いシューズを履くのをやめなさい

何度やったら分かるんですか!

短距離をどれだけ気持ちよく走れても、結局30kmの壁には何の助けにもなってくれないでしょう。

必要なのは、30km地点で一番ツラい時に支えてくれる妻のようなシューズです。

浮気せずに一途に履いていなさい。

その3:カーボローディングはやめなさい

多分体質に合っていない。

今回も炭水化物を増やそうと思ってバランスを変えたら、前の日の夜に0.5kgも体重が落ちてしまったでしょう。

それをリカバリーしようとドカ食いして、本番になったら体が重くてペースが上がらなかったでしょう。

どうしてもやりたいなら、前日の夜、普段のご飯に炭水化物を少し足すくらいにしなさい。

その場合も体重測定とカロリー計算はきちんとやること。

その4:もっと遅く起きなさい

興奮していたとはいえ、20時30分に寝て3時に起きるのは早すぎます。

睡眠時間は十分でも、その後ゴールまで約12時間、交感神経を働かせっぱなしでいるのは無理です。

副交感神経優位になれば、足は止まるし眠くなるし、いいことなしです。

今回は道端で何度熟睡したいと思ったか。
走りながら寝る勢いでした。

ご飯食べてすぐ出かけるくらいの余裕があればいいので、それまで寝ていなさい。

今回の心動いたポイント!

  • 今の悔しい気持ちを忘れずに!
  • 半年後にもう1度読むこと!

自分のための戒めですが、もし読んだみなさんの参考になればうれしいです。

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする