暗い写真でも後から明るく!自然な仕上がりのiPhoneアプリがスゴい!

みなさん、こんにちは。
普段の写真にはほとんどiPhone 5sを使っているよっしー(@yosshi7777)です。

今回は、逆光時の撮影などで暗くなってしまった写真を明るくできるアプリをご紹介します。

自然に明るくできるところがスゴいです。

スポンサーリンク

暗いのを気にするとシャッターチャンスを逃してしまう

iPhoneのいいところは、常に手の届くところにあるため、いつでも撮影できるところ。

特に子どもはシャッターチャンスを待ってくれないので、その場で撮れることはとても大事です。

ただ、急ぐあまり、写真が暗くなってしまうことがあります。

例えばこんな感じです。

川崎にある東芝未来科学館でのサイエンスステージを撮影したものです。

ステージの様子を撮るために、観客席は暗くなってしまいました。

自然さが違う

そんな時に使いたいのがこのアプリ。

Instaflash 3.5.0
価格: ¥200(記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


画像加工アプリなのですが、特にスゴいのが暗い画像を明るくしてくれること。

これだけなら他にもできるアプリは多いのですが、出来上がりの自然さが違います。

早速出来上がりを見てみましょう。

観客席が明るくなりましたが、ステージの様子もちゃんと見えています。

名前は出しませんが、有名どころの他の有料アプリを使って、同じように明るくしてみました。

こちらの場合、明るくはなりましたが、ステージの様子は見えなくなってしまいました。

この明るくする仕組みに、このアプリ独自の技術を使っているそうで、今のところ、ここまで自然に加工できるアプリは他にありません。

スライダーひとつで加工もカンタン

簡単にアプリの使い方をご紹介します。

アプリを立ち上げるとこの画面に。

カメラアイコンは普通に撮影してから加工するだけなので今回は割愛。

写真アイコンから写真を選ぶとこのような画面に。

明るくするだけなら最初に表示されるShadowのスライダーを動かすだけ。
加工に10秒もかかりません。

加工した画像はカメラロールへの保存はもちろん、TwitterやFacebookに送れますし、別のアプリで開くこともできます。

失敗写真を気にせずにガンガン撮れる

このアプリを使うようになって一番よかったのが、画面の明るさを気にせずに写真が撮れるようになったこと。

明るさがうまく決まらないうちにシャッターチャンスを逃すことがなくなり、後で調整すればいいや、と割り切ってスピードを優先できるようになりました。

今回の心動いたポイント!

  • 自然に明るくできる!
  • シャッターチャンスを逃さない!

暗くなってしまった写真を持っているなら、ぜひ試してください。仕上がりにきっと驚きますよ。

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

Instaflash 3.5.0
価格: ¥200(記事公開時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする