あの通信できないイライラを解消!使えないWi-Fiスポットを遮断する方法!

みなさん、こんにちは。
iPhoneのWi-Fiは終始オンにしているよっしー(@yosshi7777)です。

Wi-Fiをオンにしていると勝手につながってしまうフリーWi-Fiスポット。ちゃんと通信できないものにもつながってしまって、イライラすることありませんか?

今回は、それをうまく回避する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

通信できないのに勝手に接続してしまう

自宅の無線LANにつなぐために、また正確な位置情報を得るために、私はiPhoneのWi-Fiをいつもオンにしています。

オンにしていると、よく外出先でフリーのWi-Fiスポットに勝手につながってしまうのですが、その中には通信がほとんどできないものもあります。

そんな場合、これまではiPhoneのWi-Fi全体をオフにしていました。

ただそうすると、再びオンにすることを忘れたままで通信を使い続けてしまい、気がつくと3ヒチ日で1Gや1ヶ月で7Gの容量制限いっぱいになってしまうことがよくありました。

そのたびにイライラしていたのですが、これを簡単に解消する方法がありました。

個別に設定できた

Wi-Fiスポットごとに、接続するかどうか設定すればよかったのです。

設定の仕方を説明しましょう。
接続したくないWi-Fiスポット圏内に入り、設定→Wi-Fiと進みます。ここで表示されるWi-Fiスポットの右にあるiボタンをタップします。

ここからはやり方が二通り。

自動接続が表示されてオンになっている場合は、これをオフにします。

自動接続が表示されない場合は、「このネットワーク設定を削除」を選びます。

やることはこれだけ。
これだけで、そのWi-Fiスポットに自動的に接続されなくなります。

気がついたら通信できないことも、家でWi-Fiをオンにし忘れることも、もうなくなりました。
知らなかった方はぜひやってみることをおすすめします。

今回の心動いたポイント!

  • 接続するかどうか個別に設定できる!
  • あのイライラから解放された!

困った時には色々調べてみるものですね。

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする