Drafts連携でPocket→Bufferにスマートに投稿!Pocketがバージョン4.5.2にアップデート!

みなさん、こんにちは。
Pocketラブのよっしー(@yosshi7777)です。

今回は、PocketのiPhoneアプリのアップデートの話。
Draftsというアプリと連携できるようになったので、それを使ってBufferにスマートに投稿する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

アップデート内容は?

iPhoneアプリはこちらです。

Pocket (Formerly Read It Later)

4.5.2
価格: 無料
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


こちらが今回のアップデート内容です。

私の注目は、iPhoneのメモアプリであるDraftsとの連携です。

Drafts

3.0.2
価格: ¥250
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


Draftsは、カスタマイズ性が高く、また連携先も豊富で便利なアプリです。

詳しい使い方はこちらが参考になります。
シンプルでパワフルなテキストエディタ「Drafts for iPhone」に惚れた4つの理由 | ジョナサンブログ

今回は、PocketからこのDraftsを介してBufferに投稿してみました。

これまでのBuffer投稿方法

実はPocketはアプリ内でBufferと連携しているのですが、日本語入力をしようとすると、画面が真っ白になるというバグがあり、そちらからは使えませんでした。

なので、これまではメールを使って投稿していました。
Pocketからメールを立ち上げると、メールの件名に記事タイトル、本文にURLを入れてくれるので、そこにコメントを入れて、Bufferの投稿用のアドレスに送信して投稿予約をしていました。

詳しい方法はこちらをご覧ください。
Bufferの投稿をスキマ時間にiPhoneからサクッと行う方法 « シゴタノ!

Draftsでスマートに

今回のPocketのアップデートにより、この方法をDraftsを間に入れてスムーズにしてみました。
ポイントは、DraftsのデフォルトのBuffer連携でなく、メール投稿をすることです。

デフォルトでは、DraftsからBuffer投稿しようとすると、いちいちBufferのiPhoneアプリが立ち上がってしまいます。

これをメールにして回避します。

それでは説明していきます。

DraftsのSettings→Custom Actionsから、Email Actionsを選びます。

ここでメール投稿設定を新規追加します。
宛先にはBufferのアドレス、一行目をタイトルにする設定にします。

これで準備は完了です。

Pocketでシェアボタンを押して、Draftsを選びます。

すると、タイトルとリンクが入った状態でDraftsが立ち上がります。

コメントを追加して、先ほど作成したBufferのメール投稿を選びます。

メールが送信されて投稿予約完了です。

Bufferのアプリで見てみると、ちゃんと予約されています。

Pocket本体のバグが治るのが一番ですが、この方法でもかなり手間が短縮されました。
困っていた方は試してみてください。

今回の心動いたポイント!

  • Drafts連携が追加!
  • Bufferにメール投稿がオススメ!
  • Pocket本体をなんとかして〜!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。
それではまた!

Pocket (Formerly Read It Later)

4.5.2
価格: 無料
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする




Drafts

3.0.2
価格: ¥250
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを