Googleリーダー終了後もこれで安心!iPhoneアプリReederがアップデートでローカル対応!

みなさん、こんにちは。
毎日の情報収集の要は、Googleリーダーを使ったRSSチェックのよっしー(@yosshi7777)です。

そんな私にとって、Googleリーダーの終了は非常に頭の痛い問題だったのですが、その心配をiPhoneアプリReederのアップデートが解消してくれそうです。

スポンサーリンク

アップデートでローカル対応だ!

Reederは、同期が早く、連携サービスも豊富、記事も読みやすい、とまさに死角なしの定番RSSリーダアプリです。

Reeder

3.1
価格: ¥250
カテゴリ: ニュース
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


ところが、先日発表された、Googleリーダーが今年の7/1で終了するというニュースで、Reederを始めとしたRSSリーダーアプリの今後がどうなるか心配していました。

Reederは、そんな心配に今回のアップデートで応えてくれました。

アップデート内容はこちらです。

何と言っても目玉は、Googleリーダーと連携しなくても、アプリ単体でRSSが読み込めるローカル対応です。

導入はカンタン

それではローカルで読み込む設定をご紹介します。

まず、SettingsのAccountsから、Add Accountを選びます。

次の画面で、一番下のRSSを選びます。

登録名などを入れて完了すると、Account欄に、登録したものが表示されるので、それをタップします。

次の画面で、Import from Google Readerをタップすると、Googleのログイン画面に移動するのでログインすると、自動的にインポートされて完了です。


設定はこれだけ。ものすごくカンタンです。

機能はまだ発展途上

これで7/1が来ても最低限は大丈夫なのですが、現状での課題は同期の速度。

元々Reederのウリのひとつは爆速同期なので、Googleリーダー版と比べるとまだまだ遅く感じてしまいます。

ただし、これらはまだ開発途上とのことなので、7/1までに少しでも改善していってくれることに期待ですね。

いずれにしても、これまで使ってきたツールを変更しなくてよい可能性が高まったのはうれしいです。
Reederをお持ちの方は、ぜひ設定してみてください。

今回の心動いたポイント!

  • アプリ単体で読み込める!
  • 設定もカンタン!
  • さらなる進歩に期待!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。
それではまた!

Reeder

3.1
価格: ¥250
カテゴリ: ニュース
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを