いままで見えなかった読者が見える!Pocketに送るボタンをブログに設置してみた!

みなさん、こんにちは。
何かサイトを見るときは、Pocketにいったん入れてから読む派のよっしー(@yosshi7777)です。

今回は、そのPocketに送るボタンを、このブログに設置した話です。
これまで見えなかった読者層が見えてきた気がします。

スポンサーリンク

設置はカンタン

今回、ボタンを設置するやり方は、しゅうまいさん(@shumai)のこちらのブログを参考にさせてもらいました。
「Pocket」(旧Read It Later)に追加するボタンをブログに付けよう | しゅうまいの256倍ブログ neophilia++

設置はカンタンです。
以下のページから、ボタンの形式を選んで、表示されたコードをブログに貼るだけ。
Pocket for Publishers: Pocket Button

ちなみにボタンを複数設置する時は、<script>から</script>までのコードは片方だけにあればよいです。

数字が見える

こうして設置したボタンがこちら。
Pocketに送られた数を見ることができます。

ザッと見て分かるのは、TwitterやFacebookでシェアされた数に比べて、Pocketの数が多いこと。

自分のことを考えてもそうですが、あとで読んだとしても、そこからシェアするものはさらに少なくなります。

おおむねたくさんPocketに送られたものがシェアされる傾向はありますが、あとで読んではもらえたけど、あまりシェアされなかったものとか、逆にPocketに送られた数の割にはよくシェアされたものとか、いろいろ新しい切り口で分析することができます。

さらに、堀さん(@mehori)のブログによると、さらなる設定で、Pocketに送られた記事がいつ読まれたかどうか分かるようです。
Pocketボタンが可視化する「見えないバズ」とウェブコンテンツの新しい指標 | Lifehacking.jp

いずれにしても、たくさんの方に読んでいただいて嬉しい限りです。
これからも引き続きこのブログをよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

今回の心動いたポイント!

  • ボタン設置はカンタン!
  • 送られた数が可視化できる!
  • いろいろ想像がふくらむ!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。
それではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする