もう家飲みで飲みすぎない!飲める量だけ準備しろ!

Brettos (II) by MarcelGermain

こんにちは。お酒大好き @yosshi7777 です。

家飲みもよくしますが、気をつけないとすぐ飲みすぎ、二日酔いになって後悔することもたびたび。

今回は、そんな後悔するような飲みすぎを避けるため、自分で編み出した方法をご紹介します。

スポンサーリンク

まずは自分の酒量を知る

この方法で一番大事なのは、
ある程度理性のあるうちに飲むのをやめること
です。

そんなの分かってるけどできないんだよ、と言いたい気持ちはよーく分かります。
もう少し先までお読みください。

飲んでいるうちに気が大きくなって、まあいいや、とついつい追加で飲み続けてしまいます。

そうなる前、理性を保てるだけの酒量をあらかじめ決めておきます。

私だと、ビールなら350ml缶3本、ワインならボトル半分くらいです。

やりながら徐々に調整していってもよいでしょう。

飲める量に合わせてお酒を用意する

酒量が分かればあとはカンタン。

その酒量分ジャストのお酒を用意するだけ。

具体的にビールで言うと、
冷蔵庫にその分しか冷やしておかない
ということ。

用意した分を飲み切ってしまうと、それ以上飲みたくても、冷えているものがないので一旦飲みたい気持ちにブレーキがかかります。

この時はまだ理性が残っているので、それ以上飲むべきかどうかじっくり考えることができます。

また、ストックを、できるだけ遠くの取り出しにくい場所に置いておくのも効果的です。

ワインの場合は、
飲める分、もしくは残す分だけハーフボトルに移し替えます

こちらも飲まない分ははじめに取り出しにくいところに置いておくとさらに効果的。

他のお酒で試したことはありませんが、やり方は同じです。

私はこの方法を実践するようになって、飲みすぎる機会が激減(ゼロではありません)しました。

興味がある方、ぜひお試しを。

今回の心動いたポイント!

  • 飲める量だけお酒を用意!
  • 飲まない分は遠くへ!
  • 一旦心にブレーキ!



以上です。それではまた。

関連エントリーはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする