Seeqの内蔵ブラウザで最後に見たページを開けるLast Pageが便利!

みなさんこんにちは。
iPhoneからの検索はSeeq経由のよっしー(@yosshi7777)です。


今回は、Seeqで最後に見ていたページが見られる「Last Page」機能がデフォルトライブラリーに追加されていたので、それをご紹介します。


スポンサーリンク

検索はSeeq経由で

アプリはこちら。



Seeq – 次世代検索ランチャー

1.7
価格: ¥250
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


検索の起点やアプリランチャー、ブックマークレットなど、多彩な機能を持っていて、私は日に10回は立ち上げています。


このブログでも何度もご紹介しています。


使っていて気になっていたのは、検索履歴は残るのに、内蔵ブラウザでの閲覧履歴が残らないことでした。

検索結果から直接見たページにはアクセスしやすいのですが、リンクをたどってから見たページは、後からアクセスするのが大変でした。


ところが、これをかなり解消してくれる機能が追加されていました。



最後のページが開ける

その名は「Last Page」。デフォルトライブラリーに追加されていました。


追加してみましょう。

検索窓を下に引き下げて、➕ボタンをタップします。


右上のLibraryをタップし、表示されたアイコンの中からLast Pageをタップします。


そのままSaveをタップすれば完了です。


ちなみにURLスキームは、
seeq:///lastpage
です。通知センターを使う場合はこちらを使いましょう。


使い方は説明するまでもありませんが、アプリを立ち上げて、アイコンをタップするだけ。
直前に見ていたページが立ち上がります。

さらに便利になりましたね。
ますます手放せなくなりました。



今回の心動いたポイント!

  • 最後に見ていたページが開ける!
  • デフォルトライブラリーに追加されてた!
  • ますます手放せなくなった!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。
それではまた!




Seeq – 次世代検索ランチャー

1.7
価格: ¥250
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを
スポンサーリンク

フォローする

コメント