ライフログを自動計測!iPhoneアプリMovesは新世代の歩数計だ(注意点あり)

みなさんこんにちは。
ライフロガーのよっしー(@yosshi7777)です。

今回は、自動でライフログを残してくれる便利なアプリMovesの登場です。
使う時の注意点もご紹介します。

スポンサーリンク

自動で移動経路を記録してくれる

アプリはこちら。
Moves 1.3.2
価格: 無料
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

このアプリでできることは、ズバリ移動経路の記録です。
なのですが、アプリを起動しておくだけで勝手に計測してくれるのが便利なところ。

アプリを起動した画面がこちら。
カッコいいですね。

アプリを起動したままで移動すると、一歩進むごとにWalkingの丸が、心臓の鼓動のように動きます。
それと同時に歩数も増えていきます。まるで万歩歩数計です。

この丸をタップすると、歩数→移動距離→移動時間を切り替えてくれます。

しばらく滞在した場所はひとまとまりで表示されます。

場所をタップすると、地図が表示されます。

ここで鉛筆マークをタップすると、場所を記録することができます。場所のデータはfoursquareから取っているので、場所がなくて困ることはあまりありません。

さらに歩いた時と走った時、自転車の時をそれぞれ記録できるのですが、驚くのがこの区別を自動でしてくれるところ。
おそらく移動速度から算出しているのでしょうが、本当に手間いらずです。

保存先は…

一日分を記録したら、別のところに保存しておくのがオススメです。
画面下真ん中のボタンを押すと、移動距離だけ記録するのか、一日の流れを記録するのか聞かれ、その後連携先が表示されます。


現状ではメールとTwitter、Facebook、カメラロールだけ。ちょっと物足りません。

私はメール添付でEvernoteに送っています。

注意点は…

注意するところとしては、メモリを解放してしまうと、計測も止まってしまうこと。
MovesのURLスキームがあれば、メモリ解放後にこのアプリを自動で立ち上げることもできるのですが…。

同様のアプリ「僕の来た道」ではメモリ解放しても計測し続けてくれるので、今後のアップデートでの改良に期待です。

メモリ解放時に気をつけることはありますが、無料なのでとにかく一度試してみていただきたいです。

今回の心動いたポイント!

  • 画面がカッコいい!
  • 自動計測!
  • メモリ解放時には注意!

以上、よっしー(@yosshi7777)でした。
それではまた!
Moves 1.3.2
価格: 無料
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で よっしーを